子供の顔に湿疹や腫れが!症状の原因は紫外線アレルギーかも

ちょっといい日

子供の顔に湿疹や腫れが!症状の原因は紫外線アレルギーかも

読了までの目安時間:約 7分

 

a0001_017107

 

子供の顔をふと見ると、じんましんのような腫れや湿疹、かゆみなどの症状が現れていることがあります。

 

 

食べ物や虫刺されなど、思い当たる原因が無いにも関わらず、

子供の顔が腫れてしまった場合、紫外線アレルギーの可能性があります。

 

 

日差しが強くなり始める4月頃から症状が増加し始め、

紫外線を浴びることで顔などに腫れやかゆみなどの症状が現れ始めます。

 

今回は紫外線アレルギーの症状と原因、検査方法を紹介していきますので、

是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

紫外線アレルギーって何?

 


 

 

 

 

紫外線アレルギーは名の通り、

紫外線を浴びることで肌に腫れやかゆみ、湿疹などの皮膚疾患を引き起こすアレルギーです。

 

 

紫外線アレルギーという名称を聞いたことがある方は少ないと思いますが、

実際に子供の顔に湿疹やかゆみが現れたら、紫外線アレルギーである可能性がありますので、

皮膚科で受診することが大切になります。

 

 

皮膚疾患というのは複数の原因が重なりあって発症するので、

一般の方には紫外線アレルギーと皮膚疾患を見分けるのが難しいのです。

 

 

とはいっても紫外線を浴びることで皮膚疾患が現れた場合は、

紫外線アレルギーである可能性があります。

 

 

アレルギーはある日突然現れるので、

紫外線を浴びたことで皮膚に腫れやかゆみなどの症状が現れたら、

紫外線アレルギーを疑った方がいいかもしれません。

 

 

また、目のかゆみや異物感、頭痛、吐き気などもアレルギー症状として現れます。

 

 

 

子供の顔に症状が現れたら

 

 

紫外線を浴びたことで、

子供の顔に腫れやかゆみなどの症状が現れたら紫外線アレルギーを疑う必要があります。

 

前項でも解説しましたが、アレルギーはある日突然発症しますので、

子供の顔にいつアレルギー症状が現れてもおかしくないのです。

 

 

特に紫外線が強くなる春からは増加傾向にありますので、

紫外線アレルギーと思われる症状が現れたら早めに医師に相談してください。

 

 

紫外線アレルギーに似た皮膚疾患

 

 

子供の顔にかゆみや腫れが現れたからといって、

すべてがアレルギー症状であるわけではありません。

 

 

痒みや腫れを伴う皮膚疾患はいくつかありますので紹介していきます。

 

 

アトピー

 

 

アトピー性皮膚炎により子供の顔にかゆみや炎症を起こしてしまうことがあります。

 

 

アトピーは酷いかゆみが特徴の皮膚疾患で、

子供の頃は関節に症状が現れることが多いのですが、

顔に症状が現れてしまうこともあります。

 

 

 

とびひ

 

 

虫刺されなどを掻き毟ることにより、

細菌が患部の周りに感染し、他部位に広がっていきます。

 

 

中の液が周りに広がることで、症状が広がってしまうので、

早めに皮膚科で受診する必要があります。

 

 

小児乾燥性疾患

 

 

思春期になると皮脂量が増え、にきびに悩む方は多いですが、

その前の学童期は皮膚が乾燥しやすく、掻き毟ってしまうことがあります。

 

これを小児乾燥性疾患と言います。

 

 

 

対策や予防はどうしたらいいの?

 

 

紫外線アレルギーは塗り薬などで症状を抑えることはできるものの、

完治することはないので、症状を抑える対策をとる必要があります。

 

 

紫外線アレルギーの対策の基本は紫外線を浴びないことにつきます。

 

 

具体的には

 

 

・外出する際は帽子をかぶる

 

・長袖・長ズボンを着用する

 

・日傘を使用する

 

・日焼け止めを塗る

 

 

など紫外線を浴びないことが重要になってきます。

 

 

特に顔は紫外線を浴びやすい箇所でありますので、

帽子などを被ることを忘ないようにしましょう。

 

また、小さな子供は帽子を脱いでしまうこともありますので、

顔にしっかりと日焼け止めを塗るようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

 

子供の顔に湿疹やかぶれが起きる原因を紹介してきました。

 

 

紫外線が強くなる時期に、突然顔にかゆみや腫れ、

目の異物感を覚えたら紫外線アレルギーを発症している可能性があります

 

 

顔のかゆみは乾燥やアトピーなど様々な原因で発症しますので、

まずは皮膚科で受診し、しっかり原因を突き止めましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

子供   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: