緑色のうんちが出た!赤ちゃんや子供で考えられる原因は?

ちょっといい日

緑色のうんちが出た!赤ちゃんや子供で考えられる原因は?

読了までの目安時間:約 7分

 

a0001_017104

 

子供や赤ちゃんのうんちが緑色だったらびっくりしてしまいますよね、、、

 

 

我が家の子供も数回緑色のうんちが出たことがありますが、

「何かの病気では?」と慌てた記憶があります。

 

 

 

実際、緑色のうんちが出てしまうことはよくあるようです。

 

 

 

ではどのような原因で緑のうんちがでてしまうのか?

 

 

また、対策法はあるのか?

 

 

気になったので調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

緑色のうんちがでてしまう原因は?

 


 

 

 

 

そもそもなぜうんちは茶色なの?

 

 

 

通常のうんちは茶色い色をしていますよね。

 

 

では、なぜうんちは茶色なのでしょうか?

 

 

 

簡単に説明すると

血液中のヘモグロビンから排出されるビリルビンと呼ばれる物質が、

肝臓や十二指腸を通過する際に成分を変えて、ステルコビリンと呼ばれる物質に変わります。

 

 

このステルコビリンと呼ばれる物質は茶色い色をしており、

腸から排出されます。

 

 

ステルコビリンは腸から排出されますので、

うんちもステルコビリン影響を受け茶色く変色するのです。

 

 

 

 

 

なぜ緑色のうんちが出るのか?

 

 

 

 

腸が正常な動きをしており、健康体な方はステルコビリンの影響で便が茶色くなります。

 

 

 

ではなぜ緑色のうんちがでてしまうことがあるのか?

 

 

 

上記でも解説しましたが、

通常ビリルビンは肝臓や十二指腸を通過する過程でステルコビリンに変化し便を茶色くします。

 

 

しかし、一部の赤ちゃんは腸へ行く段階でステルコビリンに変化せずに、

ビリベルジンと呼ばれる緑色の物質に変化してしまうことがあるのです。

 

 

これは人工の粉乳による添加物や、便がなかなか排出されずにビリルビンが腸内で酸化してしまうことが原因で引き起こされてしまうのです。

 

 

赤ちゃんは様々な色のうんちをしますが、

緑色のうんちが出ている状態であれば問題ありません。

 

 

 

しかし、ミルクを飲まなかったり、ずっと機嫌が悪い場合などは一度小児科で受診したほうがいいでしょう。

 

 

 

 

子供で考えられる原因は?

 

 

 

赤ちゃんは緑のうんちをよくしてしまいますが、子供が緑色のうんちをしてしまう場合はどのような原因が考えられるのでしょうか?

 

 

 

ステルコビリンがうんちを茶色くする物質だということは何度も解説していますが、

何かしらの原因でうんちに色が付く前に排出されてしまった場合、緑色のうんちが出てしまうことがあります。

 

 

 

うんちに色が付く前に排出される原因は下痢や食中毒、二日酔いなどで、

本来腸にとどまらなければいけない時間よりも大幅に短縮された時間で便が体外に排出された場合、

ステルコビリンで色が十分につかずに緑色になってしまう場合があります。

 

 

また、緑の野菜や緑色をしたサプリメントを大量に服用した場合緑色のうんちが出ることもあります。

 

 

 

その他、肝臓の機能が弱まるとうんちを茶色くする元にとなるビリルビンを血中からうまくキャッチできず、

結果的に血中のビリルビンが増加してしまい、黄疸などの症状が出てしまいます。

 

 

 

ですので、うんちが茶色いうえに、黄疸などの症状が表れた場合は要注意です。

 

 

一過性の緑便であればそれほど気にする必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

緑のうんちが出てしまう原因を解説してきました。

 

 

 

普段は茶色い色をしていますが、

緑色のうんちが出たらびっくりしてしまいますよね。

 

 

赤ちゃんに関しては緑便が出てしまうことはよくあることなので、

そこまで心配する必要はありません。

 

 

ただ、赤ちゃんが泣きやまなかったり食欲がないときは、小児科で受診したほうがいいでしょう。

 

 

 

子供に関しても基本的に心配する必要はありませんが、

緑便意外に黄疸や腹痛などほかの症状を併発した場合は早めに医師に相談してください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

子供   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: