熱がないのに吐き気や寒気が!原因や対処法はどうしたらいいの?

ちょっといい日

熱がないのに吐き気や寒気が!原因や対処法はどうしたらいいの?

読了までの目安時間:約 9分

 

sick_samuke

 

熱がないにも関わらず吐き気や寒気が表れる場合があります。

 

 

吐き気や寒気といえば風邪の症状として知られていますが、

体温計で測っても熱がない場合があります。

 

 

 

ただ、熱がないからといって症状を放置してしまうことは危険です。

 

 

 

吐き気や寒気は病気の原因として表れる場合もありますので、

症状が続く場合は早めに医師に相談しましょう。

 

 

 

今回は熱がないにも関わらず吐き気や寒気が表れる原因を解説していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

熱がないのに吐き気や寒気が表れる原因は?

 


 

 

 

 

 

 

なぜ吐き気や寒気は起きるの?

 

 

吐き気や寒気は風邪の症状として表れることが多いのですよね。

 

 

 

そもそも吐き気や寒気はなぜ起こるのでしょうか?

 

 

 

 

吐き気

 

 

 

吐き気は飲みすぎや胃腸炎、不快なにおい、乗り物酔い、ストレスなど様々な原因で起きてしまいます。

 

 

 

多いのは食べ過ぎや飲み過ぎ、胃腸炎などの消化器系のトラブルです。

 

 

 

体に悪影響を与えてしまう細菌やウイルス、過度なアルコールなどが体内に入り込んでしまうと、

体外へ排出しようとして吐き気が表れます。

 

 

 

実際に胃腸炎や二日酔いになることで、

吐き気もしくは嘔吐してしまいますよね。

 

 

あれも体内に侵入した有害なものを排出しようとする体の防御反応です。

 

 

その他にストレスや乗り物酔い、潰瘍、抗がん剤、妊娠初期などにより吐き気を起こしてしまうことがあります。

 

 

 

 

 

寒気

 

 

 

寒気は風邪のひき初めに表れることが多いですが、

なぜ寒気が起きるのでしょうか?

 

 

 

人間の体はウイルスや細菌が体内に侵入するとそれらと戦うために体温を上げます。

 

 

 

体温を上げることで、

ウイルスや細菌の活性が低下する一方で、人間の免疫力は向上します。

 

 

発熱時には血管を収縮させ、身体表面の血流を少なくすることで体温は上がりますが、

ウイルスや細菌と戦う生理現象により寒気を感じてしまうと言われています。

 

 

このような理由から、風邪や胃腸炎などにより体内にウイルスや細菌が侵入してしまうと寒気を感じてしまうのです。

 

 

 

その他に考えられる寒気の原因は?

 

 

 

 

・脳梗塞や脳出血

 

・自律神経失調症

 

・胆のう炎、虫垂炎などの内臓疾患

 

 

 

などが考えられます。

 

 

 

寒気を感じてしまう原因の中には命に係わるものもありますので、注意が必要です。

 

 

 

 

吐き気や寒気があるのに熱がない原因は?

 

 

 

・風邪のひき始め

 

 

 

吐き気や寒気があるのにも関わらず熱がない原因としてまず考えられるのは風邪のひき始めです。

 

 

 

風邪のひき始めというのは寒気や吐き気、鼻水などの症状が表れますが、熱がないということも多くあります。

 

 

 

数時間後に発熱し、

その後本格的な風邪にうつります。

 

 

その他、胃腸炎やノロウイルスなども初期の状態では吐き気や寒気があるにも関わらず熱がない場合があります。

 

 

 

その後に症状が悪化し、

下痢や嘔吐、発熱などの症状が表れます。

 

 

 

・自律神経失調症

 

 

 

自律神経は循環器や消化器など自分ではコントロールすることのできない神経です。

 

 

 

自律神経失調症はストレスや不規則な生活などにより自律神経のバランスが崩れてしまい、

体の不調をきたしてしまう病気です。

 

 

 

その症状は多岐に渡りますが、中には吐き気や寒気などの症状が表れてしまう場合があるようです。

 

 

 

・橋本病

 

 

 

 

橋本病は体内の甲状腺ホルモンが低下することで、

新陳代謝が低下してしまう病気です。

 

 

 

代謝が低下してしまうので、寒気や息切れ、肌の乾燥、むくみなどの症状が表れます。

 

 

また吐き気や食欲不振などの症状が表れるのも橋本病の特徴です。

 

 

 

因みに橋本病と逆の病気がバセドウ病です。

 

 

バセドウ病は体内の代謝がよくなるので発汗や体重減少、疲れやすい、動悸などを感じてしまいます。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

吐き気や寒気などの症状があるにも関わらず、熱がない原因を解説してきました。

 

 

 

多くは風邪のひき始めが原因と考えられますが、

その他に胃腸炎や膀胱炎などが原因となっている可能性があります。

 

 

 

また、脳梗塞など、脳の病気が原因となっている場合もありますので、

症状を放置するようなことがないようにしましょう。

 

 

 

その他、自律神経失調症や橋本病などが原因となっている場合があります。

 

 

自律神経失調症や橋本病は、吐き気や寒気以外に様々な症状が表れますので、

気になる症状があれば早めに医師に相談しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: