こごみ・ぜんまい・わらびの違いは?簡単に見分けるポイントはこれ!

ちょっといい日

こごみ・ぜんまい・わらびの違いは?簡単に見分けるポイントはこれ!

読了までの目安時間:約 9分

 

zenmai01_01

 

こごみ・ぜんまい・わらび、これからの季節これらの山菜を山間部で採ることが多くなります。

 

 

しかし、どれも似たような形をしていますので、

初めて山菜を採るという方は違いがわかりにくいかもしれません。

 

 

僕も最初は違いがよくわかりませんでしたが、

それぞれの特徴や自生する場所、時期などを知ることで簡単に見分けることができます。

 

 

 

今回はこごみ・ぜんまい・わらびの違いや見分け方を解説していきますのでぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

こごみ・ぜんまい・わらびの違いは?

 

 


 

 

 

 

 

 

 

こごみ

 

 

 

 

kogomi_01_2

 

 

 

 

こごみは春から初夏にかけて渦巻状の新芽が出てくるシダ科の植物です。

 

 

正式名称はクサソテツと言われていますが、

芽が出てくる様子が人間が前かがみになった様子に似ているため、こごみとも言われているのです。

 

 

 

採れる場所は?

 

 

 

 

こごみは日当たりのいい平地に自生しています。

 

 

湿地や水はけのいい場所を好むので、

そのような場所であれば山や平地であってもたくさん生えています。

 

またこごみは、固まって自生していることが殆どなので、

一株見つけることができればその周囲にたくさん自生している可能性が高いです。

 

 

 

ただ、こごみは株を取り尽くしてしまうと枯れてしまうので、

すべてとってしまうのではなく2.3株程度は残しておくようにしましょう。

 

 

 

 

ぜんまい

 

 

 

zenmai01_01

 

 

 

 

 

ぜんまいは全国に分布しているゼンマイ化のシダ植物です。

 

 

 

ワラビと並び昔から親しまれてきた山菜として有名です。

 

 

 

時期は地域により異なりますが、

本州では5月初めあたりに旬を迎え、東北地方では6月に旬を迎えます。

 

 

ぜんまいの特徴は幼葉の周りを取り囲んでいる綿上の繊維で、

成長するにつれてこの繊維状の綿はなくなっていきます。

 

 

 

採れる場所は?

 

 

 

ぜんまいは山深い場所ではなく、

道路の脇や里山、山の入り口付近など日当たりのいい場所に自生しています。

 

 

 

こごみと同様に一株見つけることができれば、

周りに多くのぜんまいが自生しています。

 

 

 

ぜんまいは綿毛が残っている状態のものを収穫しましょう。

 

 

綿毛がなく葉が広がり始めてしまったものは茎が固くなり始めています。

 

 

 

また、ゼンマイには男ゼンマイと女ゼンマイがありますが、

一般的には女ゼンマイのほうが柔らかく食用にむいています。

 

 

初心者のかたは見分けるのが難しいかもしれません。

 

 

先の丸まっている部分が膨らんでいるのが男、

平たくなっているのが雌となります。

 

 

 

わらび

 

 

 

 

 

warabi01_01

 

 

わらびは全国に自生しているシダの仲間で、

若芽を食用として採取します。

 

 

旬はゼンマイと同様に本州では4月末から旬を迎え、

東北地方では6月から旬を迎えます。

 

 

採れる場所は?

 

 

 

わらびは森の中よりも、

日当たりのいい雑木林や草原、道路のわきなどで自生しています。

 

 

 

また、手入れのされていない畑などでも自生していることも多いので、

とても身近な山菜といえます。

 

 

採るのはこごみやゼンマイと同様に葉が開いていないもので、

根元からぽきっと折るように収穫します。

 

 

 

 

こごみ・ぜんまい・わらびの違いは?

 

 

 

 

どの山菜も見た目が似ているので、初心者の方が違いを見分けるのは難しいですが、

全く同じ形をしているわけではないので、よく見れば違いを見分けることも可能です。

 

 

 

まずゼンマイです。

ゼンマイは綿毛に覆われており、茎の先端が丸まっています。

 

 

色は全体的に茶色っぽいので、

他の山菜と比べ比較的見分けやすいです。

 

 

次にこごみです。

見た目はゼンマイと非常によく似ていますが、

こごみはぜんまいのような綿毛が少なく、全体的に緑っぽいです。

 

 

ワラビに関しても先端がくるっと丸まっていますが、

こごみやゼンマイとは違い、先端で三回羽状に分かれており、それぞれが人のこぶしのような形をしていますので、

こごみやぜんまいと見分けるのは比較的容易です。

 

 

違いがわからない方は、

スーパーや直売所などで販売しているのもを見て違いを判断するのもお勧めですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

 

わらび・ぜんまい・こごみの違いを解説してきました。

 

 

 

ぜんまいは先端の丸まっている部分に綿毛がついているので、

わらびやこごみとの違いを比較的簡単に見分けることができます。

 

 

またわらびに関しても、

先端がわかれており、丸まっている部分も握りこぶしのような形をしていますので、

他の二種との見分けは比較的容易です。

 

 

 

これからの季節はスーパーなどでわらびやぜんまいが販売されていることも多いので、

そこで実際に物を見て違いを判断するのもいいと思いますよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: