しもやけ・あかぎれ・水虫の違いは?症状や治療法はどうしたらいいの?

ちょっといい日

しもやけ・あかぎれ・水虫の違いは?症状や治療法はどうしたらいいの?

読了までの目安時間:約 9分

 

a0002_006567

 

これから寒くなりしもやけやあかぎれが酷くなります。

 

 

 

僕自身、毎年しもやけに悩まされていますが、

足の疾患はしもやけだけではなく、

あかぎれや水虫など様々な疾患があります。

 

 

 

これらの疾患は症状が似ていることもありますので

違いが分からない方も多いのではないでしょうか?

 

 

今回はあかぎれ・しもやけ・水虫の症状の違いと治療法を紹介していきますので、

是非参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

しもやけ・あかぎれ・水虫の違いは?

 


 

 

 

 

まずはそれぞれの症状を紹介していきます。

 

 

 

しもやけの症状と原因

 

 

 

冬に起こる皮膚トラブルにしもやけがあります。

 

 

 

しもやけは寒い冬に鼻や手足、頬にかゆみや赤い腫れを伴うのが特徴なので、

冬の季節病とも言えるでしょう。

 

 

寒い冬になると動脈、静脈ともに収縮しますが、

動脈は温められるとすぐに元に戻ります。

 

 

逆に静脈は戻りにくいという性質があるため

この時間差によって血液の循環が滞り、

体の末端に栄養が届かなくなることにより、かゆみや腫れなどの症状が現れると言われています。

 

 

また、手袋やブーツにより血流が悪くなることもしもやけの原因となることがあるようです。

 

 

症状としては

 

・手足にかゆみがある

 

・手足が赤黒く変色して腫れている

 

・暖かい時はかゆみがあり、寒い時は痛む

 

・靴を履いたりすることで痛みがある

 

 

しもやけはこれらの症状が現れるので比較的判断は容易です。

 

 

治療法としてはお風呂で冷たい水と暖かいお湯に患部を交互につけたりする方法があります。

 

 

お湯は40度程度で一分ごとに水とお湯に交互にひたすだけなので、

洗面器さえあれば簡単にできます。

 

 

その他、血行を改善する効果のあるビタミンEを多く含む食べ物をとるよう心がけましょう

 

具体的には落花生や大豆、アーモンドなどの豆製品や、

たらこ、マヨネーズやサラダ油などの植物油に多く含まれています。

 

 

 

また外出時は体の末端部分が冷えないように、

防寒グッズを使用し、汗をかいたら早めに衣類を交換してください。

 

 

これらのことに気を付けて生活することで、

しもやけを改善できますが、

治癒しない場合は皮膚科などで受診したほうがいいでしょう。

 

 

 

あかぎれの原因と対処法

 

 

 

しもやけが血行不良が原因で起こるのに対して、

あかぎれは皮膚の乾燥によって起こります

 

 

冬場は空気の乾燥に加え、

皮脂や汗をかきにくくなるので、必然的に手が乾燥し結果的にあかぎれができてしまうのです。

 

 

また、家事や調理師、美容師の方にも多く見られ

症状がひどくなってしまうことも少なくありません。

 

 

典型的な症状は皮膚の乾燥とひび割れで

症状が進行すると、出血してしまったり、指を少し動かしただけで指がぱっくり割れてしまうなど、

日常生活にも支障をきたすようになります。

 

 

あかぎれの原因は乾燥にありますので、

対処法としては、

 

・手を乾燥させないように水仕事を行うときはゴム手袋を着用する

 

・ハンドクリームをこまめに塗る

 

・手を洗った後はすぐに拭く

 

・マッサージや運動をこまめに行い、血行を促進する。

 

・加湿器を使用する

 

 

などを行うことが大切になります。

 

 

また、これらの対策はあかぎれだけではなく、

他の肌トラブルにも効果的なので、ぜひ実践しましょう。

 

 

 

水虫とは?

 

 

水虫は白癬菌に感染することで発症する皮膚疾患の一つです。

 

 

 

水虫の症状もいくつかあり、

足の指の間がジュクジュクして皮がむけたり、白くふやけてしまうことがあります。

 

 

また、足の裏土踏まず辺りに小さい水疱ができ、

強いかゆみを伴う小水疱型、足の裏のかかとがガサガサして角質が固くなってしまう、角質増殖型があります。

 

 

 

これらの症状はあかぎれやしもやけとは若干異なりますので、

違いを見分けることは比較的容易です。

 

 

治療法としては外用療法が一般的で、外用期間は一か月は必要になります。

 

 

また、治癒したとしてもその後2か月は治療を行った方がいいと言われています。

 

スポンサーリンク

 

 

症状の違いを見分けるポイントは?

 

 

 

しもやけはかゆみを伴い皮膚が赤黒く腫れてしまうのが特徴です。

 

またムズムズするような痒みを伴うのも特徴ですが、

あかぎれに関してはかゆみはありません。

 

 

間違えやすいのが水虫としもやけです。

 

お互いにかゆみを伴うのが特徴なので、

間違えた治療を行ってしまうこともあります。

 

 

水虫としもやけの違いですが、

水虫に関しては足の皮がむけたり、ガサガサして角質が固くなるのに対して、しもやけは皮膚に激しいかゆみを伴い、

皮膚が赤黒く腫れてしまうのが特徴です。

 

 

また、しもやけは指の末端部分に症状が現れるので、

違いを見分けることはそれほど困難なことではなりません。

 

 

 

しもやけも水虫も治療法が異なりますので、

それぞれの皮膚疾患を違いをしっかり確認し、それぞれに合った治療法を行っていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: