インフルエンザとノロウイルスの違いは?見分けるポイントはこれ!

ちょっといい日

インフルエンザとノロウイルスの違いは?見分けるポイントはこれ!

読了までの目安時間:約 8分

 

a0001_017659

 

これからの時期に流行するインフルエンザとノロウイルス。

 

 

これらのウイルスに感染すると、

吐き気や発熱、倦怠感などさまざまな症状を引き起こし、とてもつらい思いをしますよね。

 

 

インフルエンザウイルスとノロウイルスに感染することでそれぞれの病気を発症しますが、

症状に違いはあるのでしょうか?

 

 

また、それぞれのウイルスに感染した場合、

見分けるポイントはどこにあるのでしょうか?

 

 

気になったので調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

インフルエンザの症状は?

 

 

 

インフルエンザはインフルエンザウイルスが鼻やのどの粘膜に感染し、

高熱や頭痛、関節痛を引き起こす病気です。

 

 

主な感染経路は飛沫感染や接触感染で、

インフルエンザに感染した人のくしゃみや咳など、

ウイルスや飛沫を喉や鼻から吸い込むことで感染します。

 

 

 

インフルエンザウイルスに感染したとしても、すぐに症状が現れるわけではなく、

1~5日の潜伏期間を経たのち発熱や関節痛などの症状が現れます。

 

 

インフルエンザの主な症状は

 

 

・38度以上の発熱

 

・関節痛や筋肉痛

 

・全身の倦怠感

 

・頭痛

 

・結膜の充血

 

・吐き気や下痢などの消化器系の症状

 

 

などです。

 

 

 

通常は一週間から十日ほどで治癒しますが、

高齢者や乳児は重症化しやすい傾向にあります。

 

 

ですので、インフルエンザと思われる症状が現れた場合速やかに医師に相談しましょう。

 

 

インフルエンザは感染力が強く、

集団で感染してしまう可能性もありますので、発熱などの症状が和らぐまで出社や登校は停止します。

 

 

ノロウイルスとは?

 

 

ノロウイルスは一年を通して発生しますが、

特に冬季に流行します。

 

 

 

インフルエンザウイルスはくしゃみや咳の飛沫から感染するのに対して、

ノロウイルスは人の排泄物や二枚貝をなどから感染する、経口感染です。

 

 

また食品の取扱者が感染しており、

その者を介して汚染された食品を食べた場合にも感染します。

 

 

ノロウイルスに感染してしまうと、

1,2日の潜伏期間を経たのち、

吐き気やおう吐、下痢、腹痛などの症状が現れますが、発熱は軽度です。

 

 

通常、これらの症状は1,2日で快方に向かい、後遺症もありません。

 

 

ノロウイルスは嘔吐物でも感染してしまうので、

感染の疑いがある人が嘔吐した場合、取扱いにも十分注意しなければなりません。

 

 

嘔吐物や糞尿を処理する場合は、手袋やマスクなどを着用しペーパータオルなどでゆっくりふき取り、

その後、塩素系の漂白剤などでさらにふき取ります。

 

 

使用したペーパータオルなどはビニール袋に密閉し、速やかに破棄します。

 

 

 

取扱いに関してはこんな感じでいいでしょう。

 

 

 

もしノロウイルスに感染してしまったら、

速やかに医師の診断を受け対処療法を受けてください。

 

 

 

ノロウイルスとインフルエンザウイルスの違い

 

 

 

ノロウイルスとインフルエンザウイルスはまず感染経路が異なります。

 

 

インフルエンザがくしゃみや咳などの飛沫から感染する飛沫感染に対して、

ノロウイルスは二枚貝や嘔吐物や汚染された食品から感染します。

 

 

 

 

症状の違いとしてはインフルエンザが38度以上の発熱が見られますが、

ノロウイルスはほとんど発熱が見られません。

 

 

嘔吐や腹痛、下痢はお互いに見られる症状なので、

インフルエンザ特有の症状である関節痛や筋肉痛、頭痛で違いを判断するといいでしょう。

 

 

ノロウイルスは嘔吐や腹痛、下痢など消化器系の症状が主に現れるので、

インフルエンザとの違いを判断するのは比較的容易です。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

これからの季節に流行するノロウイルスとインフルエンザですが、

どちらのウイルスも手洗いやうがいをこまめに行うことで未然に防ぐことができます。

 

 

もし感染してしまったら、

インフルエンザは急な発熱に加え、関節痛や倦怠感、頭痛などの症状が現れます。

 

 

ノロウイルスは発熱後に嘔吐や下痢、腹痛などの症状が強く現れます。

 

 

何度も嘔吐したり下痢をしてしまうので、

排泄物の処理にも注意しなければなりません。

 

 

これからの季節は風邪のウイルスが猛威を振るうので、手洗いやうがいに加え、

普段から栄養バランスを考えた食事、十分な睡眠、マスクの着用を行いウイルス対策をきちんと行いましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: