ムカデに刺された!症状や処置法は?ムヒは有効なの?

ちょっといい日

ムカデに刺された!症状や処置法は?ムヒは有効なの?

読了までの目安時間:約 7分

 

bug_mukade

 

これからの季節ムカデが増えてきます。

 

 

外出時はもちろん、屋内で刺されてしまう場合もあり、

ムカデに刺されると非常に痛い思いをしますよね。

 

 

また、ムカデには毒を持っているものもいますので、

場合によってはアナフィラキシーショックを引き起こしてしまうことも...

 

 

ただ、ムカデに刺されたときの対処法を知っておくことで、その後の症状を緩和させることができます。

 

 

今回はムカデに刺されたときの症状や対処法、ムヒなどの市販薬は有効なのか解説していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ムカデに刺されたときの症状は?

 


 

 

 

 

 

日本にはトビズムカデやアオズムカデ、アカズムカデなどが生息しています。

 

 

 

これらのムカデは大きさや色は異なりますが、

人を刺すことがあります。

 

 

 

ムカデは肉食性で昆虫や小動物を餌として食べています。

 

 

ですので、日常生活の中で基本的には人を襲うということはありませんが、

不意にムカデに触れてしまった場合、自らの身を守るために人に噛みつくことがあります。

 

 

ムカデは顎で人間の皮膚を噛むので、刺されてしまうと二か所に並んだ赤い点状の噛み跡が付きます

 

 

また、噛むと同時に毒も注入してきますので、

痒みや腫れなどの症状が現れ、人によってはめまいや頭痛などアナフィラキシーショック症状を引き起こしてしまうこともあるので注意しましょう

 

 

呼吸困難や血圧低下など命に関わる症状が現れた場合救急車を呼んでも構いません。

 

 

 

対処法は?

 

 

 

 

ムカデに刺されたときの対処法はどうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

ムカデに刺されたときにはまず「冷やす」という方が多いかと思いますが、

これはあまり好ましくありません。

 

 

 

なぜならば、ムカデの毒は神経に作用するものなので、

冷やしてしまうと逆に痛みが酷くなってしまう可能性があるためです。

 

 

ムカデの毒はポリペプチドなどの酵素で形成されており、熱に弱いのが特徴です。

 

 

 

ムカデに刺されたら43度以上のお湯で5分以上洗い流すと

毒の効果が弱くなりますので、腫れやかゆみなどの症状を緩和することができます。

 

 

外出中などお湯が無い状況であれば、

コンビニなどで暖かい飲み物を購入し、患部を温めるのも一つの手です。

 

 

 

温めた後は市販薬をムカデに刺された部分に塗りましょう。

 

 

 

 

ムヒは効果的なの?

 

 

 

ムカデに刺されたときはどのような市販薬を塗ればいいのでしょうか?

 

 

 

効果があるものは抗ヒスタミンやステロイド入りの市販薬です。

 

 

ムヒにも種類がたくさんありますが、

おすすめのものは液体ムヒS2aやムヒアルファEXです。

 

 

 

これらの市販薬には抗ヒスタミンやステロイドが入っていますので、

ムカデに刺されたことによる腫れやかゆみを軽減する効果が期待できます。

 

 

また、虫刺されなどにも非常に効果的なので、

虫が増えてくるこれからの季節は家に一本常備しておくといいでしょう。

 

 

生後6ケ月の乳児から使用できるのもうれしいですよね。

 

 

ムカデに刺されたら、前項で解説したように温かいお湯で患部を洗い流し、その後はムヒを塗れば大丈夫です。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

 

 

ムカデに刺されたときの症状と対処法、ムヒは効果的なのか解説してきました。

 

 

 

ムカデに刺されると鋭い痛みを伴うことがあり、

正しい対処法を行わなければ、その後、激しいかゆみや腫れを伴う場合があります。

 

 

ムカデに噛まれたらまずは患部を43度以上の温かなお湯で5分以上洗い流しましょう。

 

 

なければ温かな飲み物などで代用してもいいと思います。

 

 

 

患部を洗い流した後は、ムヒなどの市販薬を塗りましょう。

 

 

おすすめは液体ムヒS2aやムヒアルファEXです。

 

これらの市販薬はムカデに限らず虫刺され全般に使用できる薬なので、

家に常備しておけばいざという時に役に立ちますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: