ちょっといい日

口の中に突然できた血豆!原因はストレス?

読了までの目安時間:約 7分

 

kounaien

 

ある日突然、口に中に血豆ができてしまうことがあります。

 

 

心当たりがないのに口に中に血豆ができてしまうと不安になりますよね。

 

 

ただ「単なる血豆だろう」という安易な考えは禁物です。

 

 

稀に悪性の血腫であることもありますので、

数日間様子を見ましょう。

 

 

その他、口に中に突然血豆ができてしまう原因はいくつ考えられますので、

紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

口に中に血豆ができてしまう原因は?

 


 

 

 

 

そもそも血豆とはどんな症状なの?

 

 

 

そもそも血豆とはどんな原因で発症するのでしょうか?

 

 

血豆は内出血の一種で、

皮膚を強くぶつけたり挟んでしまった時にできる血の塊です。

 

皮膚の内部で出血がおこった場合は青あざになることが多く、

表面に近い場所で出血が起こると血豆になるケースが多いです。

 

 

ですので、指を挟んで血豆ができるというよりは、

指の皮膚の部分を何かに挟んで血豆ができたり、

口の中でいえば皮膚を噛んでしまった時にできてしまうケースが多いです。

 

 

口の中に血豆ができる原因は?

 

 

 

 

 

口の中に血豆ができてしまう原因の多くは、

前項でもお話しした「口の中を噛んでしまう」ことにあります。

 

 

強く噛み過ぎてしまい皮膚に傷がついてしまった場合は出血してしまいますが、

皮膚に傷がつかない場合は血豆になります。

 

 

注意したいのが無意識に口の中を噛んでしまう人です

 

口の中を噛んでしまう原因の一つにストレスが挙げられます。

 

 

ストレスが溜まってしまうと、

口の中を噛むという自傷行為によりストレスを解消しているのです。

 

 

ですので、突然口の中に血豆ができてしまうという方は、

無意識のうちに「口の中を噛む」という自傷行為を行ってしまっている可能性がありますので、口の中を噛むという行為をしていないか確認してみましょう。

 

 

また、口をぶつけてしまったりすることで、

血豆ができてしまうケースもあります。

 

 

 

 

 

その他の原因は?

 

a0002_009282

 

 

口の中を噛んでしまうことが血豆の原因の多くを占めますが、

歯周病が原因となっていることがあります。

 

 

また、口の中に突然血豆ができてしまう原因として一番恐ろしいのが、

悪性の血腫です。

 

 

口腔内にできる血豆の多くは良性の血腫で、通常は時間の経過と共に治癒していきます。

 

ただ、ごく稀に悪性のものであることも事実なのです。

 

 

悪性の血腫に関しては、

ガンの根源となることもありますので、早めに取り除いた方がいいでしょう。

 

 

前項でも紹介した突発性の血豆でなく、原因不明の血腫ができ、なおかつなかなか治らない場合は、

悪性の可能性もありますので早急に医師の診断を受けてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

治療法は?

 

 

血豆の治療法として一般的なのが自然治癒です。

 

 

血豆の対処は血抜きか放置派の二択しかないと言われているほどです。

 

 

この自然治癒力に任せての治療が最も安全でリスクのない治療法です。

 

 

青あざなども放置しておけば治りますよね?

 

それと一緒で血豆も放置しておけばきれいさっぱり治ります。

 

僕自身、

血抜きをしたことがなく、すべて放置で治しています。

 

 

血を抜くという選択肢もありますが、

この方法は痛みも伴いますし、血を抜いた後も感染症のリスクも高くなるのでお勧めしません。

 

 

ただ、あまりにも大きな血豆や人目に触れる部位にできてしまった血豆に関しては、

病院で処置してもらうのもいいでしょう。

 

最後に

 

 

 

 

口の中に血豆ができてしまう原因を解説してきました。

 

 

 

突然血豆ができてしまう原因の多くは、知らず知らずのうちに口内を噛んでしまうことにあります。

 

 

 

自分で自覚がなくてもストレスを感じているときや、寝ている間に噛んでしまうのです。

 

 

 

血豆ができてしまったら自然治癒を目指してもいいと思いますが、

何度も再発する場合や血豆が大きくなったり治らない場合は悪性腫瘍の可能性もありますので、

早めに医師に相談しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: