大人がノロウイルスに感染!症状は?仕事に出勤しても大丈夫?

ちょっといい日

大人がノロウイルスに感染!症状は?仕事に出勤しても大丈夫?

読了までの目安時間:約 7分

 

a0001_017661

 

毎年11月から1月にかけて流行するノロウイルス。

 

感染してしまうと下痢やおう吐などの症状が起こり、

身動きが取れないほどの辛い思いをします。

 

 

感染力も非常に強いので、周りの方に移さないようにすることも重要になります。

 

 

我が家では一家全員が感染してしまったことがあるほどです。

 

 

今回は僕の体験談を交えつつ、

大人がノロウイルスに感染してしまうとどのような症状が起こるのか、

仕事はどうしたらいいのか解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

ノロウイルスに感染するとどうなる?

 


 

 

 

 

ノロウイルスは毎年初冬になると急激に感染する方が多くなります。

 

 

感染すると突然の嘔吐や腹痛、下痢などの症状が現れ、

食中毒の場合は48時間以内にこれらの症状が現れます。

 

 

嘔吐や下痢などの症状は二日程度続きますが、その後は快方に向かっていきます。

 

感染しても発症しない場合や、

軽い風邪のような症状で済む場合もあります

 

治療法は主に対処療法です

 

 

特に乳幼児や高齢の方は脱水症状を起こしやすいので、

水分補給をしっかり行う必要があります。

 

ノロウイルスに感染すると下痢などの症状が現れますが、

ここで下痢止めを服用してしまうと、腸内にいる病原体が体外に排出されない為、

症状が長引いてしまう可能性がありますので、基本的に下痢止めは使用しません。

 

 

大人が感染するとどんな症状がでるの?

 

 

大人が感染すると二日以内に下痢や嘔吐、腹痛などノロウイルスの典型的な症状が現れますが、特に大人の場合は下痢が酷い傾向にあるようです。

 

もちろん発症しない場合や、

簡単な症状で済むこともあります。

 

 

基本的には大人も子供もノロウイルスに感染したときの症状は変わりませんが、

病気の治るまでの期間などには多少の違いはあるようです。

 

 

 

大人がノロウイルスに感染してしまう原因として多いのが、

二枚貝などを十分加熱しないで食べてしまうことです。

 

魚介類の中でも二枚貝で胃腸炎を発症してしまうケースが多いのです。

 

 

ただ、しっかり加熱を行い食べる分には問題ありませんので、

二枚貝を食べる時は十分に加熱してから食べるようにしましょう。

 

 

その他、ノロウイルスに感染している子供の嘔吐物などを手袋なしで、

処理してしまうことも感染の原因となります。

 

 

 

嘔吐や糞便を処理するときの注意点は?

 

 

嘔吐物や糞便を処理する際に手袋などを身につけず片付けてしまうと

ノロウイルスに感染してしまう可能性はあります。

 

 

僕自身、当時はノロウイルスに対して知識がなかったので、

子供の嘔吐物を手袋もはめないまま処理したところ、翌日感染しました。

 

嫁も感染し一家そろって病院へ行ったこともあります。

 

 

ノロウイルスはそれほど感染力が強い菌なので、

安易に嘔吐物や糞便を処理してはいけません。

 

 

子供や家族が嘔吐してしまったらまずは手袋とマスクを着用し、

ペーパータオルなどで飛び散らないように静かにふき取ります。

 

 

拭き取った後は、次亜塩素酸ナトリウムで床を拭きその後水拭きします

 

 

ふき取ったペーパータオルはビニール袋に入れ密閉するのですが、

その前に次亜塩素酸ナトリウムをビニール袋に入れると安心です。

 

 

その後はしっかり手洗いを行いましょう。

 

次亜塩素酸ナトリウムは家庭にある塩素系の漂白剤でも代用できますが、

使用上の注意を確認してください。

スポンサーリンク

 

仕事はどうしたらいいの?

 

 

ノロウイルスに感染すると嘔吐や下痢が酷くなりますので、

仕事どころではなくなります。

 

 

ですので、仕事は休むべきです。

 

 

ここで無理をして仕事に行ったところで周りに迷惑をかけてしまいますし、

ノロウイルスは飛沫感染しますので、周りの方に感染させてしまう可能性もあります。

 

 

軽症の場合は出勤してもいいですが、周りの方に感染させないためにマスクなどを着用しましょう。

 

 

ただ、休める状況であれば休んだ方がいいことに変わりはありません。

 

症状が落ち着き動けるようになったら仕事に出勤すればいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: