帯状疱疹の原因や症状は?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

帯状疱疹の原因や症状は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 7分

 

a0001_017684

 

帯状疱疹は身体の左もしくは右半分に痛みや水ぶくれを伴う病気です。

 

 

 

痛みを伴う皮膚の病気なので、

初めて症状が現れたときには焦ってしまいますよね。

 

 

また、帯状疱疹は症状が進行してしまうと跡が残ってしまったり、

後遺症が残ってしまうケースもありますので、症状が現れたら早めに医師に相談しましょう。

 

 

今回は帯状疱疹の症状と原因、何科で受診すればいいのか解説していきますので是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

帯状疱疹の原因は?

 


 

 

 

 

 

帯状疱疹は水疱瘡を引き起こす「水痘ウイルス」が原因となり発症します。

 

 

 

多くの方が小さい頃に水疱瘡にかかったことがあると思いますが、

実は水疱瘡が治癒しても、原因となる水痘ウイルスは体内の神経節で身を潜めており

復活の機会をひたすらうかがっているのです。

 

 

そして、免疫機能が低下したとき(病気、けが、高齢化、ストレス、疲労など)に再び三叉神経を通じ皮膚上に水疱や痛みなどの症状が現れるのです。

 

 

 

一昔前は「帯状疱疹は一生に一度の病気」などと言われていましたが、

最近では何回も再発してしまう方もいます。

 

 

 

症状は?

 

 

では、帯状疱疹を発症するとどのような症状が現れるのでしょうか?

 

 

 

まず初期症状として、

体の左か右半分のどちらかにピリピリとした痛みを感じます

 

 

このピリピリとした痛みは、

水痘ウイルスが神経を伝い皮膚上に現れるため起きます。

 

 

痛みの後は皮膚に虫刺されのような水疱ができ、帯状に広がっていきます

 

 

この症状は腹部や背中、胸に多く見られますが

手や足、顔にも現れることがあります。

 

 

体の片側だけに症状が現れ、

一度に二か所以上の場所に現れることはありません

 

 

皮膚症状は水ぶくれからかさぶたに変化しその後治癒します。

 

 

痛みが現れてから治癒までの期間は人により異なりますが、

おおよそ3週間から1か月で治ります

 

 

治癒するまでは激しい痛みを伴ったり、

皮膚に潰瘍を形成してしまうケースもあります。

 

 

症状が改善しない場合は帯状疱疹後神経痛の疑いも

 

 

 

帯状疱疹は皮膚の治癒とともに痛みも引いていきますが、

皮膚の症状が改善しても痛みだけ続く場合、帯状疱疹後神経痛を発症している可能性があります。

 

 

若い方に関しては、神経がウイルスによって傷ついても早めに治癒しますが、

高齢者の方は神経の回復に時間がかかってしまうケースが多いため、高齢者の方に多く見られます。

 

 

 

また、目や耳の近くに帯状疱疹後神経痛が現れた場合、

目の神経に障害がでてしまう可能性がありますので、

耳鼻科もしくは眼科で受診するのがいいでしょう。

 

 

 

何科で受診すればいいの?

 

 

帯状疱疹の症状が現れた場合、何科で受診すればいいのでしょうか?

 

 

帯状疱疹は基本的には皮膚科で受診すれば問題ありません。

 

 

 

ただ、前項でも記述しましたが、

目や耳の近くに痛みがある場合、

目の神経に障害が出てしまう可能性がありますので、眼科もしくは耳鼻科で受診しましょう。

 

 

 

また、帯状疱疹後神経痛を発症してしまったら、

皮膚科ではなく、麻酔科もしくはペインクリニックでの受診となります

 

スポンサーリンク

 

 

 

最後に

 

 

 

帯状疱疹の症状と原因、何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

 

帯状疱疹は水疱瘡と同じ「水痘ウイルス」によって発症します。

 

 

 

ストレスや疲労、病気などで身体の免疫が低下している時に、

三叉神経を通じ体の表面に症状が現れます。

 

 

まずは皮膚表面にピリピリとした痛みを感じ、

その後、体の片側だけに水疱や発疹が現れます。

 

 

 

 

帯状疱疹を発症している時は激しい痛みを感じますので、

早めに医師の診断を受けましょう。

 

 

帯状疱疹の症状が現れたら皮膚科で受診し、

帯状疱疹が治癒しても痛みが残る場合は、帯状疱疹後神経痛の可能性がありますので、

麻酔科もしくはペインクリニックで受診してください。

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: