後頭部にしこりが!原因は?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

後頭部にしこりが!痛くないが原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 9分

 

a1640_000367

 

後頭部にしこりができることがあります。

 

 

ふと後頭部に触れたときしこりに気が付くと

「何か重大な病気では」と心配になります。

 

 

頭部には脳もありますし、

しこりができてしまうと心配になりますよね。

 

 

痛みがある場合もありますが、後頭部にしこりができた場合痛みがないことがほとんどです。

 

 

今回は後頭部に痛くないしこりができてしまう原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

後頭部にしこりができる原因は?

 


 

 

 

 

後頭部にしこりができてしまう原因は以下のものが考えられます。

 

 

・粉瘤

 

・脂肪腫

 

・リンパの腫れ

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

 

脂肪腫

 

 

 

 

後頭部にしこりができてしまう原因の一つに脂肪腫があります。

 

 

 

脂肪腫は日常生活でも目にすることが多いごくありふれた良性の腫瘍です。

 

 

 

頸部や上腕、太ももに多く見られますが、

後頭部にも症状が現れることがあります。

 

 

症状としては痛くないしこりが皮膚の下にでき、

時間の経過とともに肥大化していきます。

 

 

しこり自体はこりこりと動くような感触がありますが、

神経近くにしこりができると痛みを伴うことがあります。

 

 

脂肪腫ができてしまう原因は解明されていませんが、

約80%の方に染色体異常がみられるということを考えると、

染色体異常により脂肪腫が発生しているのかもしれません。

 

 

しこりが小さければ経過観察で済みますが

しこりが大きくなったり、痛みを伴う場合は手術で取り除きます。

 

 

脂肪腫とみられるしこりが後頭部に現れた場合は、皮膚科もしくは整形外科で受診しましょう

 

 

 

粉瘤

 

 

 

後頭部(耳の後ろ)に粉瘤ができることがあります。

 

 

粉瘤は皮膚下にある袋状の組織老廃物が溜まり

しこりのようなこぶができてしまう病気で、通常は痛みを伴いません。

 

 

 

硬めのしこりが主な症状で、

多くは数センチ程度のしこりですが、

稀に数十センチほどまでに肥大化してしまうことがあります。

 

 

しこりの中心部分には小さな穴があり、

潰すと中からドロドロとした臭いを伴う液体が出てきます。

 

 

ただ、中の液体を出しきったところで治癒することはなく、

完治させるには手術で取り除く必要があります。

 

 

痛みがない場合やしこりが小さい場合は脂肪腫と同様に経過観察で済みますが、

稀に皮膚がんになってしまうこともありますので、医師の診断を受けておきましょう。

 

 

後頭部に粉瘤ができたら皮膚科で受診してください。

 

 

 

リンパの腫れ

 

 

人間の体には血液を運ぶ血管の他に、

血管から染み出たたんぱく質や水分を運ぶリンパ液があります。

 

 

このリンパ液が通る管をリンパ管と呼び、

全身に張り巡らされています。

 

 

 

そしてリンパ管の中には、

リンパ液の中にある不純物や細菌などをせき止める働きをしているリンパ節という器官があります。

 

 

体内に細菌やウイルスなどが入り込みリンパ液の中を流れると、

リンパ節でせき止められ、そこで戦いをすることでリンパ節は腫れてしまうのです。

 

 

リンパ節は太ももの付け根やわきの下、耳の裏などの多くありますので、

後頭部にしこりのような腫れが見られる場合は、頸部のリンパが腫れている可能性があります。

 

 

 

頸部のリンパが腫れてしまう原因は口や咽喉の細菌感染からの炎症によるものが多く、

風邪などでも腫れてしまうことがあります。

 

 

リンパ節が腫れてしまう原因はいくつか考えられますが、

悪性リンパ腫の可能性がありますので、早めに医師に相談しましょう。

 

 

風邪などでリンパが腫れた場合は、

時間の経過とともにしこりは小さくなっていくのでそこまで気にする必要はありませんが、

原因がわからず耳の裏が腫れた場合は要注意です。

 

 

リンパが腫れた場合は耳鼻咽喉科で受診しましょう。

 

 

 

何科で受診すればいいの?

 

 

後頭部に痛みのないしこりができた場合、粉瘤や脂肪腫、リンパの腫れなどが考えられます。

 

 

堅めのニキビにのようなしこりが現れたら粉瘤の可能性があるので皮膚科へ、

こりこりと柔らかめのしこりができたら脂肪腫を疑い皮膚科もしくは整形外科で受診しましょう。

 

後頭部の首付近にしこりができた場合はリンパの腫れが疑われますので、耳鼻咽喉科で受診してください。

 

 

病気の判断ができない場合、まずは皮膚科で受診しましょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

 

 

後頭部に痛くないしこりができる原因と何科で受診すればいいのか解説していきました。

 

 

 

後頭部にしこりができる原因は粉瘤や脂肪腫などの良性腫瘍が大半ですが、

耳の後ろ付近にしこりが現れた場合はリンパが腫れてる可能性があります。

 

 

脂肪腫や粉瘤であればそれほど治療を急ぐ必要はありませんが、

リンパの腫れに関しては、重大な病気のサインということも考えられますので、

早めに医師に相談しましょう。

 

 

また、しこりが急激に大きくなったり、痛みを伴う場合も早めに医師の診断を受けてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: