感染性胃腸炎はうつる?仕事は出勤しても大丈夫なの?

ちょっといい日

感染性胃腸炎はうつる?仕事は出勤しても大丈夫なの?

読了までの目安時間:約 9分

 

virus_fukutsuu

 

感染性胃腸炎を発症してしまうことがあります。

 

 

感染性胃腸炎の原因は様々で、

冬場はロタウイルスやノロウイルスが原因となり、

夏場は大腸菌などが原因となり集団感染することもあります。

 

 

感染性胃腸炎を発症してしまうと下痢や嘔吐、腹痛など非常に辛い思いをします。

 

 

様々な原因で胃腸炎を発症してしまいますが、

うつることはあるのでしょうか?

 

また仕事には出勤しても大丈夫なのでしょうか?

 

 

気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

感染性胃腸炎って何?

 


 

 

 

 

感染性胃腸炎はどのような病気なのでしょうか?

 

 

 

感染性胃腸炎は細菌やウイルス、寄生虫などの病原体が胃腸に感染し、

消化器官に様々な症状を引き起こす病気です。

 

 

 

夏に多発する細菌性の胃腸炎、冬に流行するウイルス性の胃腸炎ですが、

原因や症状も異なります。

 

 

 

細菌性胃腸炎

 

 

細菌性の胃腸炎は

 

・カンピロバクター(ブタ肉、トリ肉)

 

・サルモネラ(タマゴ、トリ肉など)

 

・病原性大腸菌(牛肉など)

 

・腸炎ビブリオ(カキなどの魚介類)

 

・黄色ブドウ球菌(おにぎり)

 

 

などの細菌感染が原因になります。

 

 

これらの原因は食品が十分に加熱されていな場合や、

料理の衛生が不十分な時に発生します。

 

 

特に夏場は細菌が繁殖しやすく、これらの原因で集団の食中毒を引き起こすことがありますので、

鶏肉や豚肉を食する場合は十分に加熱する必要があります

 

 

十分に加熱されていない食品を摂取してしまうと、

本人だけではなく、周りの食べた人も容易に感染し、集団食中毒を引き起こします。

 

 

症状としては発熱や下痢、血便、嘔吐、吐き気などの症状が現れますが、

この病気は自然治癒の傾向が強く、脱水症状などに対する対処療法を行えば数日で治癒しますが、

重症化してしまう可能性もありますので、早めに医師の診断を受けたほうがいいでしょう。

 

 

 

細菌性胃腸炎はうつるの?

 

 

細菌性胃腸炎は人にうつることがあります。

 

 

細菌性の胃腸炎は鶏肉や豚肉などの加熱不足により感染しますが、

腸内で繁殖した細菌は排泄物と共に体外へ排出されます。

 

 

この時に何らかの形で手に病原体が付着してしまうことがあり、

この汚染された手で調理を行ったり、手拭きに病原体が付着することで他人にうつることがあります。

 

 

ですので、トイレ後の手洗いは石鹸を使用し念入りに行う必要があります。

 

 

 

ウイルス性胃腸炎

 


 

 

 

 

感染性胃腸炎には上記で解説した細菌性のものとウイルス性のものがあります。

 

 

ウイルス性の胃腸炎の原因はロタウイルスやノロウイルス、アデノウイルスなどがあり、

特に冬場に多く見られる胃腸炎ですが、夏場に発症してしまうこともあります。

 

 

ロタウイルスは乳幼児に多く見られ、白い便が特徴です。

 

ノロウイルスは食べ物から感染することが殆どで、

生ガキやホタテ、汚染された飲料水、二枚貝から感染すること多く

成人のウイルス性の胃腸炎の原因の中でも最も多く見られる病気です。

 

集団感染もしばしばみられ、

吐き気やおう吐、発熱、下痢などの症状が現れます。

 

 

ウイルス性胃腸炎はうつるの?

 

 

ウイルス性の胃腸炎は細菌性胃腸炎に比べて容易にうつりますので、

排泄物を処理するときなどは気を付けなければなりません。

 

 

 

手袋などをせずに素手で処理をしてしまうと、

排泄物を直接触っていなくとも手指にウイルスが付着してしまい、

他人にうつることがあります。

 

処理する際は必ずビニール手袋を着用し、

汚染されたタオルや手袋は袋に密閉し破棄してください。

 

この時に次亜塩素酸ナトリウムで消毒するとなお安心です。

 

 

 

 

仕事に出勤しても大丈夫なの?

 


 

 

 

 

感染性胃腸炎の原因となるウイルスや細菌は空気感染しませんが、

できることであれば仕事は休んだ方がいいでしょう。

 

 

胃腸炎は非常に辛い病気なので、症状が和らぐまでは会社を休むのが一般的です。

 

 

無理して仕事に出勤して、車内や出先で嘔吐してしまい、

その排泄物を処理した方にうつる可能性もあります。

 

そうなると会社としてもいい迷惑です。

 

 

感染性の胃腸炎は症状が辛い上に、他人にうつるというこを考えると、

会社に無理して出勤する必要はありません。

 

 

しっかりと休養し、体調が回復してから出勤するようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

感染性胃腸炎はうつるのか、

また症状が現れたら会社に出勤しても大丈夫なのか解説してきました。

 

 

感染性胃腸炎にはウイルスや細菌感染が原因となることがほとんどで、

症状や感染経路も異なります。

 

 

これらの原因は人から人にうつることはありませんが、

排泄物に対する処置が甘いと、手に細菌が付きそこから他人に感染してしまう可能性があります。

 

 

会社へは出勤は症状が改善してからにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: