焼き肉を食べると下痢が出る!原因は?対処法はどうしたらいいの?

ちょっといい日

焼肉を食べると下痢が出る!原因は?対処法はどうしたらいいの?

読了までの目安時間:約 8分

 

manpuku_kurushii

 

みんな大好きな焼肉。

 

 

あまりの美味しさについつい食べ過ぎてしまうこともありますよね。

 

 

ただ、焼肉を食べ過ぎてしまうと下痢になってしまうという方も多いです。

 

 

あの腹痛に加えて、下痢を引き起こしてしまうと、

焼き肉を食べることがトラウマになってしまうこともありますよね。

 

 

では、なぜ焼肉を食べると下痢を引き起こしてしまうのでしょうか?

 

また、下痢にならないような方法や対処法はあるのでしょうか?

 

 

 

気になったので調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

焼肉を食べると下痢になるのはなぜ?

 


 

 

 

 

 

 

どうして下痢になるの?

 

 

 

日常生活のなかで下痢が出る原因はウイルス感染やストレス、冷たいものの食べ過ぎ、消化不良など様々。

 

 

 

これらの原因で腸の動きが異常に活発になったり、

水分の調整機能に何らかの支障が出てしまうと下痢や水便などの症状が表れてしまいます。

 

 

一般的にはウイルス感染や食あたりにより下痢がでてしまうケースが多いですが、

焼肉を食べて下痢がでてしまう原因は消化不良です。

 

 

 

消化不良って何?

 

 

 

油はもともと消化の悪い食べ物です。

 

 

消化の悪い食べ物である油がしっかり分解されないまま腸まで到達してしまうと、

腸で刺激物と判断されてしまい、それを早く出そうとして下痢が出てしまうのです。

 

 

水分は腸で吸収されますが、異物と判断されてしまう油があると、

腸で十分に水分が吸収されないまま排出されますので結果的に下痢が出てしまうのです。

 

 

特に脂身の多い焼肉を食べ過ぎたりしてしまうと下痢が起きやすくなります。

 

 

 

さらに加齢や疲労、風邪などをひいているときは腸の働きが弱っていますので、

一層消化不良による下痢を引き起こしやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

予防法は?

 

 

 

焼肉を食べることで下痢がでてしまう原因は油の過剰摂取による消化不良にあります。

 

 

ですので、焼肉を食べるときは脂身の多いものを食べるのではなく、

赤身が多く油っぽくない肉を食べるようにしましょう。

 

 

また、焼肉を食べるときはよく噛むようにしましょう。

 

 

よく噛まずに食べてしまうと消化に時間がかかってしまうため、消化不良の原因となり下痢を引き起こしやすくなってしまいます。

 

 

これは焼肉だけに関わらずすべての食品にも言えることなので、

普段から食べ物を口にするときはよく噛むようにしましょう。

 

 

 

酵素を摂る

 

 

食べ物の消化には酵素がかかせません。

 

 

私たちの体内には、消化をサポートする「消化酵素」と基礎代謝などをサポートする「代謝酵素」が存在していて、

このふたつを合わせて「潜在酵素」と呼びます

 

 

酵素はキウイやレタス、ニンジン、バナナ、アボガドなどの生の野菜や果物、発酵食品に多く含まれています。

 

 

ただ、これらの野菜や果物に含まれる酵素はちょっとした加熱で壊れてしまいますので、

生のまま食べるようにしましょう。

 

 

食後に休憩をとる

 

 

 

食べ物を消化するには腸や胃に多くの血液が必要となります。

 

 

しかし、食後に体を動かしてしまうと血液が手や足などに行ってしまい、

腸の働きが低下してしまう場合があります。

 

 

ですので、食後は一時間程度休憩する時間を設けましょう。

 

 

 

 

対処法は?

 

 

焼肉を食べたことで下痢を起こしてしまった場合、まずは胃と腸を休めます

 

 

食事を抜いたりうどんやおかゆなど消化の良いものを食べるようにしましょう

 

 

また、下痢を起こした時は体に水分が吸収されていないので、

脱水症状にならないように十分に水分を摂ります。

 

 

そのほか、胃腸薬などを飲むのも有効的でしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

 

 

焼肉を食べることで下痢がでてしまう原因と対処法を紹介してきました。

 

 

 

焼肉を食べすぎてしまい下痢を起こしてしまう原因は、肉に含まれる脂にあります。

 

 

脂は体にとって刺激物と判断されてしまい、

早く体外に排出しようとして腸で十分な消化が行われないまま体外へ排出されます。

 

 

これが下痢や腹痛の原因となってしまっているのです。

 

 

過度に食べ過ぎなければ下痢を起こすことはありませんが、

ストレスや加齢、病気などにより胃腸の働きが弱っているときは少量でも下痢を起こしてしまう場合があります。

 

 

一番の対策は食べ過ぎないことですが、

よく噛むことやキウイや野菜など消化酵素が多く含まれている食べ物を食べると効果的です。

 

腹痛や下痢が収まらない場合は病気を患っている可能性もありますので病院で受診しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: