背中がしびれる原因は?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

背中がしびれる原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 7分

 

a1640_000375

 

突然背中にしびれを感じることがあります。

 

 

しびれの原因は皮膚や筋肉、関節など様々な感覚の異常として起こることがあります。

 

 

放置しておけば治ることもありますが、

原因によっては症状が酷くなり、最悪歩行が困難な状態にまで悪化してしまうことがあるので、

数日痛みが続くようであれば医師の診断を受けましょう。

 

 

今回は背中がしびれる原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

背中がしびれてしまう原因は?

 


 

 

 

 

 

背中がしびれてしまう原因は以下の病気が考えられます。

 

 

 

 

・頸椎版ヘルニア

 

・背中の凝り

 

・頚椎症

 

 

それぞれ解説していきます。

 

背中にしこりが!痛くないが原因は?何科で受診すればいいの?

 

 

 

椎間板ヘルニア

 

 

椎間板ヘルニアを患うと、腰から足にかけてしびれが起きることがあります。

 

 

椎間板ヘルニアは腰から足にかけての痛みが特徴的ですが、

坐骨神経が圧迫されることでしびれを伴うことがあるのです。

 

 

症状が進行してしまうと、

腰への負担が溜まり歩行に支障をきたすことがあります。

 

 

椎間板ヘルニアは手術による治療が行われることもありますが、

自然治療でも治癒することが可能なので、

早めに医師に相談することが大切になります。

 

 

 

腰から下に痛みがあり、なおかつ痺れを伴う場合は椎間板ヘルニアの可能性がありますので、

整形外科で受診しましょう。

 

 

 

背中や肩の凝り

 

 

 

背中がしびれてしまう原因として多いのが背中や肩の凝りです。

 

 

 

凝りは筋肉の緊張により起こるもので、

背中の張りや痛み、しびれなどを引き起こすことがあります。

 

 

背中には頚髄からでた神経が枝分かれしていますが、

これらの神経が筋肉の浅い部分を走っている場所では、

筋肉の凝りにより神経が圧迫され痛みやしびれなどの症状が現れることがあります

 

 

 

凝りが起こる原因は、

五十肩や肉離れ悪い姿勢での長時間作業が考えられますが、

原因が軽視されることもありますので、専門医のいる場所で受診することをおすすめします。

 

 

 

肩や背中の凝りは整形外科で受診しましょう。

 

 

 

頚椎症

 

 

 

 

頚椎症もまた肩甲骨(背中)にしびれや痛みを伴う病気です。

 

 

原因は頚椎や胸椎のゆがみによるものや、

斜角筋の締め付けなどが考えられます。

 

 

 

胸椎や頚椎からでている神経は肩甲骨付近を通っていますが、

胸椎部分にゆがみが起こるとしびれや痛みなどの症状が現れることがあります。

 

 

 

また、症状が進行してくると背中のしびれだけではなく、

上腕・指への痺れや痛みを感じるようになります。

 

 

 

頚椎症を放置してしまうと自力で生活できなくなるケースもありますので、

肩甲骨(背中)や腕にしびれや痛みを感じたら早めに医師に相談しましょう。

 

 

 

頚椎症は整形外科で受診しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

背中のしびれは整形外科で受診しましょう。

 

 

 

背中のしびれは上記で説明したような原因が考えられます。

 

いずれの病気も放置してしまうと症状が悪化してしまい、

日常生活に支障をきたしてしまう可能性がありますので早めに医師の診断を受けてください。

 

 

何科で受診すればいいのか迷った時は整形外科で受診するといいでしょう。

 

 

整形外科ではまずはMRIなどで頚椎の状態を確認します。

 

 

 

症状に適した治療を行い治癒を目指していきますが、

症状が酷いとそれだけ治療に時間がかかりますので、

背中にしびれなどの違和感を感じたのであれば早めに医師に相談しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: