虫さされのような腫れが腕や足に!かゆいが原因は?

ちょっといい日

虫さされのような腫れが腕や足に!かゆいが原因は?

読了までの目安時間:約 10分

 

kayui

 

ある日突然、腕や顔に虫に刺されたような腫れができてしまうことがあります。

 

 

 

痒みを伴う場合もあり、

時間の経過とともに腫れが広がってしまうことも、、、

 

 

虫に刺されたのであれば時間の経過とともに腫れが引いていきますが、

繰り返し虫刺されのような腫れが表れる場合は皮膚疾患を患っている可能性があります。

 

 

今回は顔や腕、足に虫刺されのような腫れが表れる原因と対処法を紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

虫に刺されたような腫れ起こしてしまう原因は?

 


 

 

 

 

虫にさされたような腫れを引き起こしてしまう原因は以下のものが考えられます。

 

 

・じんましん

 

・接触性皮膚炎

 

・結節性痒疹

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

じんましん

 

 

 

腕や顔にむしさされのような腫れができてしまう原因で多いのがじんましんです。

 

 

 

 

じんましんは皮膚に紅斑と呼ばれる虫に刺されたような腫れが表れる病気です。

 

 

 

 

多くは数分から数時間で腫れがひき、

治癒します。

 

 

 

症状としては最初に虫に刺されたような腫れが表れた後に、

その腫れが徐々に広がっていき、その形は数ミリの円形のものから楕円形の形など様々です。

 

 

痒みを伴う場合が多いですが、

チクチクとした痛みや焼けるような痛みを感じる場合もあるようです。

 

 

 

原因は

 

 

 

じんましんにはアレルギー性のものと非アレルギー性のものがあります。

 

 

 

アレルギー性の原因は

 

 

・魚介、肉類

 

・食品添加物

 

・そば、小麦

 

・乳製品

 

・卵

 

・落花生

 

・植物や昆虫

 

・薬剤

 

などが考えられます。

 

 

 

これらのアレルギー性じんましんの原因となる物質が体内に入ると、体の中で異物と認識されてしまい、

細胞から化学物質が放出されます。

 

 

 

化学物質の中にはヒスタミンと呼ばれる物質があり、

血管を拡張させ血管から余分な水分を排出するため、皮膚が赤く腫れてしまうのです。

 

 

 

また、ヒスタミンはかゆみを引き起こすので、じんましんが表れると痒みを伴う場合も多いのです。

 

 

非アレルギー性の原因は

 

 

・日光

 

・入浴や発汗

 

・下着や衣類の刺激や摩擦

 

・寒さ

 

・振動

 

 

などが考えられます。

 

 

 

アレルギー体質の方はじんましんになりやすいという特徴があります。

 

 

 

 

対処法は?

 

 

 

じんましんが表れたらまずは患部を冷やします。

 

 

血流がよくなったり、体が火照るとかゆみや腫れが酷くなるので、

できる限り安静にします。

 

 

原因を特定することが大切になりますが、

実際に特定できるケースは少ないので、まずは今起きているじんましんの症状を落ち着かせることを目指しましょう。

 

 

 

皮膚科を受診し、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などの薬を処方してもらう他、

症状が軽い場合はかゆみ止めなどを塗るのもいいと思います。

 

 

 

 

接触性皮膚炎

 

 

 

 

接触性皮膚炎は、何らかの外的要因が体に触れることで、

皮膚に虫刺されのような腫れや水泡、赤いぶつぶつができてしまう皮膚疾患です。

 

 

 

原因は様々で、身近にあるネックレスや洗剤、腕時計や靴など多岐に渡ります。

 

 

 

また植物や動物に触れることで接触性皮膚炎を発症してしまう場合もあります。

 

 

 

対処法としては一度かぶれなどを起こしたものに触れないということが大切になります。

 

 

 

痒みやかぶれは数時間から数日で治癒しますが、

なかなか治らない場合や、繰り返し皮膚炎を起こしてしまうようであれば皮膚科でパッチテストなどを行うといいでしょう。

 

 

 

 

結節性痒疹

 

 

 

結節性痒疹は強いかゆみを伴う皮膚疾患です。

 

 

 

夏から秋に多くみられ、虫刺されのような腫れが表れるのが特徴です。

 

 

 

蚊やブヨに刺されたりすることがきっかけで発症しますので、

腕や足に多くみられます。

 

 

症状としては小さな虫刺されのような湿疹から始まり、

そこで掻き毟ってしまうと腫れが徐々に大きくなり、結節と呼ばれる豆粒大の発疹になります。

 

 

非常に強いかゆみを伴うため、夜間に眠ることができずに日常生活に支障をきたしてしまう場合も、、、

 

 

 

ですので、症状が酷くなる前に皮膚科で受診することが大切になります。

 

 

痒疹やアトピーなどの皮膚疾患は乱れた食生活や暴飲暴食など原因で発症してしまうケースがありますので、

普段から睡眠や食事に気を付けて生活しましょう。

 

 

 

また適度の運動なども効果的です。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

腕や足に虫に刺されたような腫れができてしまう原因を解説してきました。

 

 

 

蚊やブヨに刺されていないにも関わらず虫刺されのような腫れが表れた場合は、

じんましんや接触性皮膚炎、結節性痒疹などの皮膚疾患を引き起こしてしまっている可能性があります。

 

 

 

じんましんや接触性皮膚炎に関しては原因を取り除かなければ再発してしまう可能性も、、、

 

 

 

結節性痒疹に関しては酷くなると日常生活に支障をきたしてしまう場合もありますので、

早めに皮膚科で受診しましょう。

 

 

 

いずれにしてもかゆみや腫れが治まらない場合、まずは皮膚科医で受診することが大切になります。

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: