足の裏がピリピリしびれる!原因はストレス?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

足の裏がピリピリしびれる!原因はストレス?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 9分

 

a0002_006795

 

足の裏がピリピリとしびれることがあります。

 

 

「一過性の症状だろう」と治療もせずに放置しておくと症状が広がっていき、

歩くことも困難になってしまうこともありますので、安易な考えは禁物です。

 

 

足の裏がピリピリとしびれてしまう原因はいくつか考えられ、ストレスが原因となっていることもあります。

 

 

ここではしびれる原因と何科で受診すればいいのか解説していきますますので、

是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

足の裏がピリピリとしびれる原因は?

 


 

 

 

 

 

足の裏がしびれる原因は以下の病気が考えられます。

 

・足根管症候群

 

・モートン病

 

・糖尿病による神経障害

 

・自律神経失調症

 

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

足にしびれが!原因は?何科で受診すればいいの?

 

 

足根管症候群

 

 

足根管症候群は足の裏がしびれる病気です。

 

 

これは手で起こる手根管症候群の足バージョンで、

足にあるトンネルを神経が通る際に、圧迫されたり、損傷してしまうことで発症します

 

また、稀ではありますが、

足の裏にガングリオンと呼ばれるゼリー状の塊が、

神経を圧迫し、それが原因となることもあります。

 

 

足根管症候群で最もよく見られる症状は痛みですが、

足裏にしびれを伴うこともあります。

 

 

この症状は足首など圧迫が起きている部分を軽くたたくと、

ピリピリとした痛みがありますので、判断は容易ですが、原因がわからない場合は診断が困難になることもあります。

 

 

足根管症候群は整形外科で受診しましょう。

 

 

モートン病

 

 

 

足の裏にしびれ感や痛みの原因として多いのがモートン病です。

 

 

モートン病は自分に合っていない靴を履き続けることで発症してしまうケースが多く、

また、ハイヒールを常用する女性にも多く見られる病気です。

 

 

 

しびれや痛みを伴う箇所は、

第2-3、4-5足趾間が多く、腫れなどの症状も現れることがあります

 

 

治療法は足底挿板などを用いた保存的療法が行われ、ほとんどがこの療法で治癒しますが、

治らない場合は手術を行うこともあります。

 

 

モートン病は足の指根、第2-3、4-5足趾間に発症しますので、

この部分に腫れやピリピリとした痛みがあるようであれば、モートン病の可能性が固いので、

整形外科で受診しましょう。

 

 

 

糖尿病性神経障害

 

 

 

糖尿神経障害は、

糖尿病網膜症、糖尿病腎症にと並んで糖尿病の三大合併症と言われており、

頻度も高く、早期に症状が現れます。

 

 

原因ははっきりしていませんが、

「ソルビトール」という物質が神経に蓄積した結果、

感覚麻痺が起こると考えられているほかに、高血糖になることにより、

毛細血管の血流が悪くなり、神経に十分な栄養が行きわたらなくなった結果、発症してしまうという説があります。

 

ただ、これらの原因はあくまで「説」であり、はっきりとした原因がわかっていません。

 

 

末梢神経にダメージを受ける糖尿病神経症は、ピリピリとしたしびれが左右対称に現れるのが特徴で、

足の裏にしびれが現れることもあります。

 

 

症状が進行してしまうと、足の感覚がなくなってしまう為、

ケガをしても気が付かず、傷口から細菌感染をしてしまい、最悪足を切断しなければいけない状況になります。

 

 

ですので、足にしびれを感じたら、すぐに主治医に相談し、処置してもらいましょう。

 

 

 

自律神経失調症

 

 

自律神経は腸の動きや心臓を動かす動きなど、

自分の意志では動かすことのできない神経のことです。

 

 

自律神経失調症はストレスや生活の乱れなどにより

自律神経のバランスが崩れてしまうことで起こる、体の様々な不調の総称のことを言います。

 

 

 

病院で検査を行っても内臓や器官に病変があるわけではないので、

「異常なし」と言われてしまうことも少なくありません。

 

 

 

自律神経失調症の症状は実に様々で、

手足にしびれが起きることもあり、足の裏にもしびれを伴うことがあります。

 

 

何科で受診すればいいのか迷うこともあると思いますが、

初めから心療内科や精神科で受診するのではなく、まずは内科で受診し体に病変がないことを確認したほうがいいでしょう。

 

 

病気で体に異変が現れていた場合、命に関わることもあるので、

内科で受診後に心療内科や精神科で受診しても遅くはありません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

最後に

 

 

いかがでしたか?

 

 

足の裏がしびれてしまう原因はいくつか考えられます。

 

 

今回紹介した原因は自然治癒するものもありますが、

足の裏にしびれを感じたら医者で受診したほうがいいでしょう。

 

 

特に糖尿病患者の方は神経障害など怖い病気を患っている可能性もあります。

 

 

足の裏にしびれを感じたら糖尿病患者の方は主治医に相談し、

その他の方は整形外科で受診し、自律神経失調症の方は内科で受診してください。

 

 

放置しておくと症状が悪化してしまう可能性がありますので、早めに医師に相談しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: