足の裏にしこりが!痛みの原因は?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

足の裏にしこりが!痛みの原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 7分

 

a0016_000173

 

足の裏にしこりができてしまうことがあります。

 

 

足の裏にしこりができてしまうと、

歩行時などに支障をきたしてしまいますので早急に対処したいところですよね。

 

 

しこりができてしまう部位によっては痛みを伴うこともありますし、

歩くとしこりが押し込まれるような不快な思いをすることもあるので、

早めに医師に相談しましょう。

 

今回は足の裏にしこりができてしまう原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

足の裏にしこりができてしまう原因は?

 


 

 

 

 

足の裏にしこりができてしまう原因の一つに足底線維腫があります。

 

 

足底線維腫は良性の腫瘍なので、ガン化する心配はありません。

 

 

足底線維腫が発生すると、

足の裏にしこりが発生しますので、歩いているだけで足の裏に違和感を感じるようになり、

症状が酷くなるとしこりが押し込まれるような症状が起こるので、歩行に支障をきたす可能性もあります。

 

 

 

発生原因としては、

足裏から足底腱膜への継続した刺激や感染などが考えられています。

 

 

初期の段階ではしこりも小さく日常生活においても、それほど気にする必要なく過ごせますが、

しこりが大きくなるにつれて、皮膚に変形をきたし、痛みを伴うこともあります。

 

 

治療法としては、

まずは足の裏のエコー検査を行い腫瘍の原因を探ります。

 

 

初期の段階でしこりも小さく、痛みを伴わない場合は経過観察になることもあります。

 

しこりが大きく痛みを伴う場合、または歩行に支障をきたす場合は手術により切除します。

 

 

足の裏にしこりのような腫瘍ができたら足底線維腫の可能性もありますので、

整形外科で受診してください。

 

 

ガングリオン

 

 

足の裏にガングリオンができることがあります。

 

 

ガングリオンはゼリーのような液体が溜まって、

しこりのような症状が現れる病気です。

 

 

ガングリオンは手首にできることが多いのですが、

手以外の関節や腱などに症状が現れることがあります。

 

 

稀ではありますが、足の裏にしこりとして症状が現れることがあり、

足の裏に違和感や痛みを感じ、病院で受診した結果ガングリオンが見つかるというケースがあります。

 

 

通常は痛みはありませんが、

神経の近くにしこりができてしまうと、痛みを伴うことがあります。

 

 

足底線維腫と同様にしこりが小さく、日常生活においても支障をきたさない場合は経過観察で済みますが、痛みを伴う場合やしこりが大きい場合は注射針による吸引が行われます

 

場所によっては手術で取り除くケースもあります。

 

 

ガングリオンは整形外科で受診しましょう。

 

 

その他に考えられる原因は?

 

 

 

魚の目

 

 

魚の目により足の裏にしこりができてしまっている可能性があります。

 

魚の目は、靴による刺激を受けやすい、

指の付け根や指の間、指の背側(上側)などにできることが多いです。

 

歩行時に痛みを伴うこともあります。

 

魚の目は皮膚表面にできるしこりなので、判断は容易でしょう。

 

症状に気が付いたら皮膚科で受診してください。

 

 

モートン病

 

 

モートン病は足の裏にしびれや痛みを伴う病気です。

 

この病気は足の裏にある神経に、

継続的な刺激を与えることで神経が炎症を起こし発症します。

 

 

主な症状はしびれや痛みですが、

足の裏が腫れるような症状が現れることがあります。

 

足の裏が腫れてしまい、しびれや痛みを伴う場合はモートン病の可能性がありますので、

整形外科で受診しましょう

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

 

足の裏にしこりができてしまう原因を紹介してきました。

 

しこりができてしまう原因はいくつか考えられますが、

いずれの症状も緊急を要するものではありません。

 

ただ、日常生活において違和感があったり、痛みを感じる場合、しこりが大きくなった場合は、

医師に相談しましょう。

 

 

魚の目以外のしこりの症状は整形外科で受診すれば問題ありません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: