ちょっといい日

顔がしびれる原因はストレス?何科で受診すればいいの?

目安時間:約 9分

 

a0002_010352

 

顔がしびれてしまうことがあります。

 

 

 

顔全体がしびれてしまうこともあれば、

片側だけしびれてしまうこともあり、症状も人により異なります。

 

 

ただ、顔のしびれは重大な病気のサインということも考えられるので、

しびれの他に気になる症状がないか確認することも大切になります。

 

 

今回は顔がしびれてしまう原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

是非参考にしてください

 

 

スポンサーリンク

 

 

顔がしびれてしまう原因は?

 


 

 

 

 

 

顔がしびれてしまう原因の一つに顔面麻痺があります。

 

 

ひと口に顔面麻痺といっても、

原因が明らかである症候性顔面麻痺と原因が不明な特発性顔面麻痺に分類されます。

 

 

症候性顔面麻痺の原因として多いのが、

ヘルペスウイルス感染症で、典型的なものとして口唇ヘルペスを以前患ったことがある人が、

突然の顔面麻痺を発症します。

 

 

他には腫瘍や代謝疾患、ストレスや不摂生、

睡眠不足などが原因となり発症してしまうこともあります。

 

背中がしびれる原因は?何科で受診すればいいの?

 

 

 

症状は?

 

 

 

顔面麻痺の症状としては、

突然顔面の片側がしびれ始め、運動麻痺がおこります。

 

 

麻痺がおこった結果、額にしわを寄せられない、口角が下がる、

目を閉じられない、口からよだれが垂れるなどの症状が現れます。

 

 

 

また、舌の3分の2に味覚障害が起こり、

物を食べたときに金属を食べたような感覚に陥ることがあります。

 

 

その他、目を閉じることができないので、

夜中に目が乾燥してしまい、

角膜に潰瘍ができてしまうことがあります。

 

 

治療法は?

 

 

 

一般的には外来で治療が可能ですが、

場合によっては入院が必要になるケースもあります。

 

 

治療法はステロイドによるものが効果的と考えられていますが、

持病がある方は病気が悪化してしまうことがありますので、

慎重な治療が求められます。

 

 

また、ヘルペス感染がなくとも、

抗ウイルス薬により症状が改善することもありますので、

同時に投与されることもあります。

 

 

その他、顔面のリハビリも大切な治療となります。

 

 

顔面麻痺は耳鼻科もしくは神経内科で受診しましょう。

 

 

 

 

脳梗塞にも要注意!

 

 

 

顔がしびれてしまう原因は顔面麻痺の他に脳梗塞が考えられます。

 

 

 

脳梗塞は脳の血管が詰まったり、滞ることで発症する病気です。

 

 

脳梗塞は一刻を争う病気なので、

以下の症状が現れたら早めに医師に相談しましょう。

 

・顔のしびれ

 

・ろれつが回らない

 

・体の片側に力が入らない

 

・言葉の意味が解らなくなる

 

・片側の目が突然見えなくなる

 

 

脳梗塞の症状が出やすいのは腕や顔なので、

上記のような症状が現れた場合、早めに医師に相談してください。

 

 

また、脳梗塞は普段の生活を気を付けるだけで、

発症を減らすことができます。

 

生活ポイントとしては、毎日30分の運動、バランスの摂れた食事、一日の睡眠時間は6~8時間を心がけて生活していきましょう。

 

 

 

もしも、脳梗塞の症状が現れたら脳神経外科もしくは神経内科を受診しましょう。

 

 

 

その他に考えられる原因

 

 

 

その他、顔がしびれてしまう原因として考えられるのが帯状疱疹です。

 

 

子供の頃にほとんどの方が水疱瘡に感染すると思いますが、

水疱瘡が治っても、原因となるウイルスは体内に潜んでおり、

何かのきっかけ再び三叉神経を伝い、体の表面に水ぶくれや痛みとなり現れるのが帯状疱疹です。

 

 

帯状疱疹を治療して治癒したとしても、

その後に帯状疱疹後神経痛になってしまうことがあります。

 

 

帯状疱疹神経痛は帯状疱疹が治癒した後も、

しびれや痛みが続く状態で、半年悩まされる方もいるほどです。

 

 

この痛みやしびれは絶え間なく続くこともあれば、

間が空いて症状が現れることがあり、痛みの感じ方も人それぞれです。

 

できるだけ早めに治療することで大切になります。

 

 

帯状疱疹神経痛は帯状疱疹治癒後に発症しますので、

判断は容易です。

 

 

帯状疱疹神経痛は皮膚科で受診し、

目の周りにしびれや痛みを感じたら、眼科を受診するといいでしょう。

 

 

 

その他、ガンが原因となっていることもあります。

 

 

 

顔にできた腫瘍が神経を圧迫してしまい、

しびれや違和感などの症状が現れてしまうのです。

 

 

 

いずれの病気も早めに早期治療が大切になりますので、

顔にしびれを感じたら早めに医師に相談してください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

最後に

 

 

 

顔がしびれる原因と何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

顔がしびれてしまう原因で一番恐ろしいのが脳梗塞ですが、

その他の病気に関しても早めに医師に相談したほうがいいでしょう。

 

 

治療が遅れると後遺症が残ったりする場合もあり、

日常生活に支障をきたしてしまう可能性があります。

 

 

「放っておけば治るだろう」という安易な考えは捨て、

病気を疑い病院で受診するようにしてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: