風邪で鼻水が止まらない!黄色い鼻水の原因と治し方は?

ちょっといい日

風邪で鼻水が止まらない!黄色い鼻水の原因と治し方は?

読了までの目安時間:約 8分

 

a0002_007532

 

風邪の初期症状として鼻水が出てしまうことがあります。

 

 

風邪で鼻水が出るとなかなか止まらず、

何回も鼻をかむはめになり、鼻が真っ赤になってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

 

僕自身鼻をかみすぎて何度も鼻の周りが荒れてしまった経験があります。

 

 

できれば鼻をかむ回数を減らし鼻荒れを防ぎたいですよね。

 

 

今回は風邪で鼻水が止まらないときの対処法と、

黄色い鼻水が出てしまう原因を紹介していきますので是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

鼻水が出る原因は?

 


 

 

 

 

 

そもそもなぜ風邪の引き始めに鼻水が出てしまうのでしょうか?

 

 

まず、風邪の菌は鼻やのどなどあらゆる場所から侵入しようとします。

 

 

 

体に細菌やウイルスが侵入しようとすると、

体はそれらの異物を排除しようとして、鼻水を大量に出すことで、体外に流しだそうとするのです。

 

 

くしゃみや咳が出るのも、

体内に風邪のウイルスを侵入させないための防御反応として症状がでるのです。

 

 

 

また、ウイルスにより鼻の粘膜が炎症を起こすことにより、

鼻づまりなどの症状が現れてしまうことがあります。

 

 

 

このような原因で風邪の引き始めに鼻水が止まらなくなってしまうのです。

 

 

 

黄色い鼻水が出る原因は?

 

 

 

風邪の引き始めは水のようなサラサラとした鼻水が大量に出ます。

 

 

しかし、風邪をひき数日経つと黄色いドロドロとした鼻水が出てきます。

 

 

黄色の鼻水が出ると風邪の治りかけと言われていますが、

実はそうでもないのです。

 

 

 

身体が風邪ウイルスと戦う際は、体内の白血球と風邪ウイルスが戦いを行い、

ウイルスの死骸などが鼻の中に溜まります。

 

 

これが黄色い鼻水の正体であり、

水のようなサラサラした鼻水に黄色いドロドロとした粘り気を付ける原因なのです。

 

 

黄色い鼻水が出るということは、

体がウイルスと戦っている証拠なので、風邪の治りかけというわけでないのです。

 

 

また、風邪の後に黄色い鼻水や緑の鼻水が出た場合、

副鼻腔炎の可能性もありますので注意しなければなりません。

 

 

 

黄色い鼻水は副鼻腔炎の可能性も!

 

 

 

黄色い鼻水の原因が副鼻腔炎の可能性もあります。

 

 

副鼻腔炎は風邪に引き続き細菌が副鼻腔に感染することで発症します。

 

 

主な症状は鼻水と顔の痛みで、

風邪症状が現れた後に異臭を伴う鼻水が見られます。

 

 

風邪の時に比べてより黄色い鼻水が出るのが特徴で、

時には緑の鼻水やオレンジの鼻水がでることがあります。

 

 

また、症状が進行していくと、

目や脳にまで炎症が及ぶことがあり、

その場合、視力の低下や強い頭痛、意識障害などの症状が現れることがあります。

 

 

風邪が治っても濃い黄色もしくは緑の鼻水が続き、

鼻の周りや顔が痛む場合は副鼻腔炎の可能性がありますので、

耳鼻咽喉科で受診しましょう

 

 

鼻水が止まらないときの対処法は?

 

 

 

 

原因が風邪とわかっているのであれば、風邪薬が効果的です。

 

 

今は喉の痛みや鼻水に効く市販薬がたくさん販売されていますので、

自分に合うものを見つけておくといいでしょう。

 

 

また十分な睡眠に加え、

バランスの取れた食事も大切になります。

 

 

特にビタミンは鼻の粘膜を風邪のウイルスから守る働きがありますので、

積極的に摂るようにしてください。

 

 

具体的にはキンカンやみかんなどの柑橘類

ビタミンAを多く含むかぼちゃやニンジン、ピーマンを食べるといいでしょう。

 

 

これらの対処法を行えば風邪が通常よりも早く治癒しますし、

普段からビタミンなど豊富に摂取することで風邪予防にもなりますので、

積極的に柑橘類や緑黄色野菜を食べるようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

風邪で鼻水がでる原因と黄色い鼻水が出たときの対処法を紹介してきました。

 

 

風邪の引き始めは透明のさらさらとした鼻水が出ますが、

症状が進行するにつれて、黄色いドロドロとした鼻水に変化していきます。

 

 

黄色い鼻水が出るということは、

体内で風邪のウイルスと体の免疫が戦いをしているということですから、

治りかけに近い状態の場合もありますが、まだまだ風邪が長引くこともあります。

 

 

また、風邪が治っても黄色い鼻水が続いたり顔が痛む場合は、

副鼻腔炎の可能性がありますので、早めに医師に相談してください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: