ふくらはぎにできたしこりの原因は?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

ふくらはぎにできたしこりの原因は?何科で受診すればいいの?

目安時間:約 8分

 

a0002_007447

 

突然ふくらはぎにしこりができてしまうことがあります。

 

 

痛みを伴うこともあれば、痛みはほとんどなくしこりだけできてしまうケースもあります。

 

 

稀ではありますが悪性腫瘍の可能性もありますので、

安易な考えは禁物です。

 

 

今回はふくらはぎにできるしこりの原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ふくらはぎにできるしこりの原因は?

 


 

 

 

 

ふくらはぎにできるしこりの原因は以下のものが考えられます。

 

 

・脂肪腫

 

・軟部肉腫

 

・筋膜炎

 

・下肢静脈瘤

 

 

 

それぞれ解説してきます。

 

足の裏にしこりが!痛みの原因は?何科で受診すればいいの?

 

 

 

脂肪腫

 

 

脂肪腫は日常生活においてもよく目にすることのある良性の腫瘍で、

太ももや、背部、上腕に多く見られるしこりですが、ふくらはぎにしこりができることもあります。

 

 

 

通常痛みを感じることはありませんが、

発症部位によっては痛みを伴うこともあり、

触ると柔らかく、動くような感触があります

 

 

 

しこりは時間の経過と共に肥大化していくこともありますが、

大きさが変わらず、痛みがない場合は経過観察で済むことが大半です。

 

 

しこりが大きくなりすぎて皮膚に変形をきたす場合、また痛みを伴う場合は、

手術で取り除きます。

 

 

脂肪腫と思われるしこりがふくらはぎにできたら、整形外科もしくは皮膚科で受診しましょう。

 

 

 

軟部肉腫

 

 

軟部肉腫は体の軟部つまり、

体の肺や肝臓などの実質臓器や骨、皮膚を除いた筋肉や脂肪、神経、血管、関節などにできるガンのことです。

 

 

 

肉腫の種類は様々で、

平滑筋肉腫や脂肪肉腫、悪性線維性組織球腫などが多く見られますが、

発症率は10万人に2人と稀なガンです。

 

 

主な症状は皮下や筋肉部分にできるしこりです。

 

 

痛みがないことが多く、症状に気が付かないことも多いため、

肉腫が大きくなってから気が付くということも少なくありません。

 

 

特に太ももやふくらはぎなど筋肉の厚い場所は、

しこりに触れにくいため、腫瘍が大きくなり全体的に腫れてしまうこともあります

 

また、肉腫は脂肪腫などの良性腫瘍に比べしこりの大きくなるスピードが速いので

急にしこりが大きくなったり、腫れてきたら早めに医療機関で受診しましょう

 

 

 

まずは皮膚科、整形外科で受診し、

軟部肉腫の疑いがあれば専門医を紹介してもらえますので、そこで精密検査を受けるといいでしょう。

 

 

 

 

筋膜炎

 

 

筋膜炎は皮膚の下にある筋膜が炎症を起こした状態を指します。

 

 

筋膜炎は40代男性の多く見られ、

テニスなど激しく動くスポーツを行っている方に多く見られる病気です。

 

初期症状は痛みや腫れですが、

これらの症状を無視し運動をし続けると、肉離れなどの症状を引き起こす可能性があります。

 

 

 

また、ふくらはぎに硬めのしこりとして触れることもあります。

 

 

 

治し方は患部を温めることなので、

お風呂場などでお湯に浸かり、ふくらはぎをマッサージしましょう。

 

 

症状が改善しないときは一端スポーツをやめ、休息することも大切になります。

 

 

あまりにも症状が酷い場合は整形外科で受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

下肢静脈瘤

 

 

下肢静脈瘤は足の静脈がボコボコに腫れあがり、

瘤のようなしこりを形成してしまう病気です。

 

 

 

 

この病気は血流の逆流を防ぐ静脈の弁がうまく機能しなくなり、

血液が逆流することで発生します。

 

 

美容師や販売員など一日立ち仕事を行っている方に多く見られますが、

出産・妊娠、体質などによってもできることがあります。

 

 

症状としては足の血管が膨らんで瘤を形成したり、かゆみ、むくみ、足のだるさなどを感じます。

 

 

治療法は様々なので、

医師と相談の上治療を進めていきます。

 

 

 

下肢静脈瘤と思われる症状がふくらはぎに現れたら、

血管外科、もしくは外科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

ふくらはぎにできるしこりの原因と何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

ふくらはぎにしこりができた場合、

軟部肉腫など重大な病気の可能性もありますので早めに医療機関で受診してください。

 

 

脂肪腫、軟部腫瘍、筋膜炎ともにまずは整形外科で受診しましょう。

 

 

脂肪腫に関しては皮膚科でも構いません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活 病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: