五月病とうつ病の違いは?対処法はどうしたらいいの?

ちょっといい日

五月病とうつ病の違いは?対処法はどうしたらいいの?

読了までの目安時間:約 9分

 

utsu_man

 

希望と期待をもって入社した職場。

 

 

しかし実際に働いてみると、思い通りにならない人間関係に加えて、

慣れない仕事で肉体的にも精神的にも疲れてしまうことも多いです。

 

 

このような状態が続いてしまうと「仕事に行きたくない」「自分にはこの仕事が向いていないのかも、、、」

など気分が落ち込んでしまいます。

 

 

この症状は入社もしくは入学など生活の環境が変わり1か月程度で現れるので、

五月病とも言われています。

 

 

しかし、五月病の症状と思っていたらうつ病だったなんてことも少なくありません。

 

 

うつ病はしっかりとした治療を行わなければ症状が悪化してしまうこともあるので、

早い段階で五月病との違いを見分ける必要があります。

 

 

 

 

今回は五月病とうつ病の違いを解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

うつ病と五月病の違いは?

 


 

 

 

 

 

うつ病とは

 

 

 

 

 

私たちは日常生活の中でストレスや悲しみなどにより憂鬱な気分になったり億劫な気分になります。

 

 

 

しかし、これらの症状は数日から数週間で回復し、

普段と変わらない生活を送ることができます。

 

 

 

ところが、過度なストレスや辛いことが続いてしまうと

憂鬱な気分が晴れず、普段どおりに生活することが難しくなったり、

体に様々な不調をきたしてしまう状態になってしまいます。

 

 

これがうつ病です

 

 

うつ病の根本的な原因はいまだに解明されていませんが、

一般的にはまじめな方や几帳面、責任感が強く気が小さい方に多くみられます

 

 

症状としては

 

 

・抑うつ状態

 

・気分の落ち込み

 

・興味や喜びの喪失

 

・思考力低下

 

・やる気が起きない

 

・睡眠障害や頭痛、倦怠感、食欲増加もしくは低下などの身体異常

 

 

 

これらの症状が表れます。

 

 

 

うつ病の場合は上記のような症状が数週間程度続く場合にうつ病と診断されます。

 

 

 

五月病

 

 

五月病は入学や入社など新しい環境に身を置き、

はじめはやる気にあふれている状態にあるにも関わらず、

五月の連休あけあたりからやる気がでない、眠れない、仕事や勉強に集中できないなどの症状が表れる病気です。

 

 

 

上記の症状のほかに、頭痛やめまい、食欲不振、胃の痛みなどの症状が表れる場合があります。

 

 

 

しかし、五月病は一過性の症状である場合が多いので、

1,2か月くらいで環境に慣れ、

五月病の症状がよくなるといわれています。

 

 

 

対処法としては

 

・趣味に打ち込む

 

・睡眠をとる

 

・先輩などに話を聞いてもらう

 

・運動をする

 

・旅行をしたりでかける

 

 

 

五月病かな?と思ったら上記のような対処法を行いましょう。

 

 

 

五月病とうつ病の違いは?

 

 

 

五月病とうつ病の違いはどこにあるのでしょうか?

 

 

 

まず症状ですが、

どちらの病気もやる気がでなかったり、睡眠障害、食欲不振など似たような症状が表れます。

 

 

 

ですので症状で違いを判断することは難しいです。

 

 

五月病は名の通り五月に表れる症状なので、

入学もしくは入社などにより周りの環境が変わってから上記のような症状が表れたら五月病を疑いましょう。

 

 

まずは趣味に打ち込んだり、睡眠、上司や友達に相談をするなどの対処法を試します。

 

 

 

五月病であれば対処法を行ってから1,2か月程度で症状が改善されますが、

一向に症状が改善しない、もしくは酷くなる場合は軽度のうつ病を発症してしまっている可能性があります。

 

 

 

次のような症状が表れた場合もしくは長期に渡って続く場合は、

早めに精神科もしくは心療内科を受診することをおすすめします。

 

 

・気分が重い

 

・イライラ

 

・何をしても楽しくない

 

・やる気が起きない

 

・頭痛や吐き気、だるさなどの身体異常

 

・記憶力低下

 

・眠れない

 

・食欲不振もしくは増加

 

 

 

このほかにも様々な症状が表れますが、

上記の症状はうつ病の代表的な症状なので、これらの症状が改善しない場合は医師に相談しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

最後に

 

 

 

 

うつ病と五月病の違いを解説してきました。

 

 

 

どちらの病気も同じような症状が表れますが、

五月病に関しては一過性のものなので、

趣味や睡眠、旅行など気分がリフレッシュするようなことを行いましょう。

 

 

 

対処法を行ったにもかかわらず、症状が改善しない場合はうつ病を発症してしまっている可能性がありますので、

早めに心療内科もしくは精神科で受診しましょう。

 

 

うつ病を放置してしまうと症状が改善するまでに時間がかかってしまうので、

なるべく早めに受診することをおすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活 病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: