冬でもとびひになるの?初期症状や治療法は?

ちょっといい日

冬でもとびひになるの?初期症状や治療法は?

読了までの目安時間:約 6分

 

a0002_007866

 

とびひと言えば夏に流行する皮膚疾患で知られていますよね。

 

 

とびひはあせもや虫刺されなどによって、

皮膚上に菌が広がってしまうことで発症します。

 

 

しっかりとした治療を行わなければとびひが広範囲に広がり重症化してしまうこともあります。

 

 

夏場は虫刺されやあせもなど夏に発症しやすい皮膚疾患ですが、

冬場にも発症してしまうことがあるのでしょうか?

 

 

また、とびひになってしまったらどのような治療を行えばいいのでしょうか?

 

 

気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

とびひって何?

 


 

 

 

 

まずはとびひについて簡単に解説していきます。

 

 

とびひは黄色ブドウ球菌あるいは連鎖球菌などが、

皮膚の浅い部分に感染することで、水疱や膿疱を作る化膿性の病気です。

 

とびひの原因となる黄色ブドウ球菌ですが、自然界に広く分布しており、

人の喉や皮膚にも存在してます

 

 

夏場に多く見られる食中毒もこのブドウ球菌が原因で発生しているケースが多いです。

 

 

 

とびひに感染する方の多くは、

6歳以下のお子さんで、夏場に発生しやすいのが特徴です。

 

 

子供は免疫機能が低く、ちょっとしたけがや虫刺されなどにより過度に掻き毟ってしまうため、

とびひになりやすいのです。

 

 

大人の場合は、

免疫機能が低下している時や、ストレスや疲労が続いているときにとびひになりやすいようです。

 

 

症状は?

 

 

 

虫刺されや小さなケガ、引っ掻き傷により皮膚に傷がつくと、

膜の薄い水疱ができます。

 

 

この水疱は膿により次第に濁っていき、

少し掻くと簡単に破れます。

 

水疱が破れることにより、周りに液が飛び散り、次第に広がっていきます。

 

 

症状が現れ始めたら早めに治療しなければ、周りにどんどん広がっていきますので、

早めに皮膚科で受診してください。

 

 

冬場にもとびひになるの?

 

 

 

冬場でもとびひになります。

 

 

ただ、冬にとびひになる場合はブドウ球菌が原因ではなく、

レンサ球菌が原因となっていることが多いです。

 

 

レンサ球菌は普段、人の体内や体表に住み着いていますが、害はありません。

 

 

しかし、けがや虫刺されなどにより体表に傷がついてしまいレンサ球菌が皮膚の中に入り込んでしまうと、

そこからとびひの症状を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

 

症状に関しては膿疱やかさぶたなどができますが

黄色ブドウ球菌が引き起こすとびひに比べ発症率は低く、

季節や年齢に関係なく発症するのが特徴です。

 

また、アトピー患者にできやすい傾向にあります。

 

 

治療法は?

 

 

治療は体の内側と外側から治療します。

 

 

ペニシリンないしアモキシシリンなどの抗生物質を服用し、

皮膚部には抗生剤の軟膏を塗ります。

 

 

 

とびひが治るまではお風呂よりもシャワーがよく、

分泌液や軟膏をよく洗い流し、シャワーを浴びた後は再び軟膏を塗ります。

 

 

処方された薬を途中でやめてしまうととびひが再発してしまう可能性がありますので、

必ず処方された分を服用するようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

冬場でもとびひになってしまう可能性があります。

 

 

ですので、

冬場でもケガや掻き傷により皮膚に傷をつけてしまった場合は注意しましょう。

 

 

膿疱や水疱ができた場合は潰さず、早めに医師に相談してください。

 

症状が広がってしまうと、治癒するのにも時間がかかってしまいますし、

最悪、跡になってしまうこともあるようです。

 

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: