唇がしびれる原因は?ストレス?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

唇がしびれる原因は?ストレス?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 8分

 

a0001_015339

 

 

突然、唇がしびれてしまうことがあります。

 

 

手足のしびれは日常生活においてもよく見られる症状ですが

唇がしびれてしまうことは比較的稀です。

 

 

また、長期に渡り唇がしびれてしまう場合は何らかの病気を患っている可能性がありますので、

安易な考えは禁物です。

 

 

 

今回は唇がしびれてしまう原因と、何科で受診すればいいのか解説していきますので、

是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

唇がしびれてしまう原因は?

 


 

 

 

 

 

唇がしびれてしまう原因は以下のものが考えられます。

 

 

・自律神経失調症

 

・脳梗塞

 

・低カルシウム血症

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

自律神経失調症

 

 

 

自律神経は腸や呼吸、心臓を動かすなど自分の意志では動かすことのできない、

自動的に働く神経のことです。

 

 

自律神経には日中に働く交感神経と、睡眠時に働く副交感神経があり、

これらの神経が上手く切り替わることで、私たちの健康を保っています。

 

 

 

ただ、ストレスや病気、不規則な生活を送ることで、自律神経が乱れてしまい、

体に様々な不調が現れます。

 

 

このように自律神経が上手く働かないことで、

体に起こる様々な不調の総称を自律神経失調症と呼んでいます。

 

 

自律神経失調症の症状は実に様々ですが、

症状の一つに「しびれ」があります。

 

 

 

多くは手足にしびれを伴うのですが、唇にしびれの症状が現れてしまうこともあります。

 

 

ただ、自律神経の病気は臓器に直接の病変があるわけではないので、

病院で受診しても「異常なし」と言われてしまうこともあります。

 

 

唇にしびれが現れ、自律神経失調症の疑いがある場合は、

まずは内科で受診し、自律神経失調症と診断されたら診療内科で治療を行うようにしましょう。

 

 

脳梗塞

 

 

唇がしびれてしまう原因で一番恐ろしいのが脳梗塞です。

 

 

 

脳梗塞は脳の血管に血栓が詰まってしまうことで、

脳細胞に十分な血液が供給されなくなり、脳細胞の一部が壊死してしまう病気です。

 

 

典型的な症状に、意識障害や片麻痺、言語障害、失語症などがありますが、

顔面の感覚異常を引き起こすこともあります。

 

 

顔面の感覚異常を起こしてしまうと、

唇のしびれなどが症状として現れることがあります。

 

 

脳梗塞は一刻を争う病気なので、

唇のしびれを感じ、なおかつ片麻痺や手足のしびれ、言葉が出ないなどの言語障害、失語症などの症状が現れたら早急に脳神経外科・神経内科で受診しましょう。

 

 

近くに専門医がない場合は内科でもかまいません

 

 

低カルシウム血症

 

 

 

低カルシウム血症は名の通り体内のカルシウムイオンが減少してしまう病気です。

 

 

 

カルシウムが減少してしまう原因は様々で、

尿に出てしまうカルシウムが多すぎたり、カルシウムが骨から血中に移動しなくなってしまうことで、

起こる場合がほとんどです。

 

 

また、甲状腺ホルモンの分泌量が少ないことで、低カルシウム結血症になってしまうことがあります。

 

 

症状としては唇や舌がチクチクとしたしびれのような感覚を覚え、

その他に筋肉痛や筋肉の硬直や痙攣などの症状が現れることもあります。

 

 

ただ、これらの症状はカルシウム濃度が元の状態に戻れば正常に戻ります。

 

 

 

カルシウムの濃度は血液検査で調べることができますので、

舌や唇にピリピリとしたしびれを感じ、筋肉の痛みや痙攣、不整脈などの症状が現れた場合は、

低カルシウム血症を疑い内科で受診しましょう。

 

 

 

アレルギー症状で唇がしびれることも

 

 

食物アレルギーにより唇がピリピリとしびれてしまうことがあります。

 

 

アレルギー症状は様々で、

唇の腫れや喉の腫れ、口の中のしびれ、腹痛、嘔吐、下痢などの症状が現れることがあります。

 

 

アレルギーは原因物質を特定することが大切になりますので、

ある特定の食べ物や物質に触れることで唇がしびれる場合は、アレルギーが原因となっている可能性が高いので、内科で受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

唇がしびれてしまう原因と何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

 

唇がしびれてしまう原因は様々ですが、

脳梗塞の症状としてしびれが現れることがありますので、安易な考えは禁物です。

 

唇のしびれが急に現れ、

片麻痺や言語障害、失語症などの症状が現れたら要注意です。

 

 

このような症状が現れたら脳神経外科をもしくは神経内科を受診するのがいいですが、

近くに病院がなければ内科でもかまいません。

 

 

唇にしびれが現れたら、症状を放置せず併発している症状がないか確認しましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活 病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: