左脇腹の痛み!男性で考えられる原因は?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

左脇腹の痛み!男性で考えられる原因は?何科で受診すればいいの?

目安時間:約 9分

 

a1640_000379

 

左脇腹が痛むことがあります。

 

 

普段は何も痛みや違和感がないのに、

突然痛みだすと心配になりますよね。

 

 

ぶつけたりしたなど明確な原因が分かっていればそれほど心配する必要はありませんが、

ある日突然ピリピリとした痛みが現れたら慌ててしまいます。

 

 

中には内臓系の病気により、左脇腹付近が痛くなってしまうことがありますので、

安易な考えは禁物です。

 

 

今回は男性の左脇腹が痛む原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

男性の左脇腹が痛む原因は?

 


 

 

 

 

 

男性の左脇腹が痛む原因は以下のものが考えられます

 

 

・肋間神経痛

 

・帯状疱疹

 

・内臓疾患

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

肋間神経痛

 

 

 

肋間神経痛は肋骨に沿って走っている肋間神経が、何らかの原因で痛む病気です。

 

 

 

肋間神経痛は症状の名称であり、

病名ではないので、原因も様々です。

 

 

肋間神経痛は原因が不明の原発性肋間神経痛

病気やケガ、ストレスが原因となる後発性肋間神経痛に分けられます。

 

 

 

後発性肋間神経痛に関しては、

肋骨の骨折やヘルニア、内臓疾患、ストレスなど様々な原因で発症します。

 

 

 

症状としては、左右どちらかに起こる胸の痛みで、

突発的に肋骨に向かい突き刺すような鋭い痛みを伴い,

一般的には咳やくしゃみをしたり、大声を出したり、身体を捻ると痛みが増すようです。

 

 

 

普段の生活の中で左脇腹に上記のような症状が現れたら肋間神経痛の可能性がありますので、

整形外科で受診しましょう。

 

 

 

 

 

帯状疱疹

 

 

男性の左脇腹が帯状疱疹により痛むことがあります。

 

 

 

帯状疱疹は左右どちらか片側に痛みを伴う水疱が現れる病気で、

水痘ウイルスの感染により引き起こされます

 

 

子供の頃に多くの方が水疱瘡にかかるかと思いますが、

水疱瘡が治癒しても原因となるウイルスは神経に身を潜め、復活の機会をうかがっています。

 

 

そして、病気やストレスなどで体の免疫が低下しているときに、

三叉神経を通じ体の表面に現れ、痛みや炎症を引き起こします。これが帯状疱疹です。

 

 

 

症状としてはまず身体の左右どちらか片側に神経痛のような症状が現れ、

その数日後に皮膚に虫に刺されたような赤い発疹が現れ、次第に水疱に変化していきます。

 

 

 

その後、水疱が破れかさぶたとなり3週間程度で治癒します。

 

 

治癒した後にも痛みを伴うことがあり、

長い方では数年痛みが続くこともあります。

 

 

これを帯状疱疹後神経痛といい、

症状が軽いものもあれば、夜も眠れなくなるほどの痛みを伴うことがあります。

 

 

帯状疱疹はなるべく早めに治療を行う必要がありますので、左脇腹にピリピリとした痛みが現れ、

時間の経過とともに皮膚に発疹が現れたら帯状疱疹の可能性がありますので、

早めに皮膚科で受診しましょう。

 

 

帯状疱疹の原因や症状は?何科で受診すればいいの?

 

 

 

内臓疾患

 

 

 

 

 

 

左脇腹付近には膵臓と呼ばれる、食べ物を消化するために必要な成分を分泌する器官があります。

 

 

この膵臓が何らかの原因で炎症を起こしたりすると、

急性すい炎を発症してしまい、左脇腹に痛みが現れます。

 

 

痛みは左脇腹だけにとどまらず、

みぞおちや背中にまで痛みが及ぶことがあり、

時には吐き気やおう吐、発熱などの症状が現れ、重症化してしまうと黄疸や呼吸困難、尿の減少などの症状を伴うこともあります。

 

 

急性すい炎はお酒を飲む方、胆石症の方が多く発症してしまうので、

普段からアルコール摂取を控えるようにしましょう。

 

 

急性すい炎の症状が現れたら内科もしくは消化器内科を受診しましょう。

 

 

胃の病気で左脇腹に痛みが出ることも

 

 

胃の病気により左脇腹に痛みが起こる場合があります。

 

 

代表的な病気に胃潰瘍があり、

自覚症状は上腹部痛ですが、左脇腹付近に痛みが現れることがあります。

 

 

胃潰瘍は腹痛以外にも胸焼けや嘔吐、吐き気、タール便(黒い便)などの症状が現れることがあるので

これらの症状が現れたら胃の病気を疑い消化器科で受診しましょう。

 

 

何科で受診すればいいの?

 

 

男性の左脇腹に痛みが現れたら何科で受診すればいいのでしょうか?

 

 

肋骨付近に突き刺すような痛みがある場合は肋間神経痛の可能性がありますので、整形外科、

左脇腹にピリピリとした痛みが現れ、その後皮膚に湿疹が現れた場合は帯状疱疹を疑い、皮膚科で受診しましょう。

 

 

内臓が痛む場合は自身で病名を判断することは難しいので、

まずは消化器科で受診してください。

 

 

特に内臓が痛む場合は重大な病気を患っている可能性がありますので、

早めに受診するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

男性の左脇腹が痛む原因を紹介してきましたが、

ここで紹介した病気は男性だけに限らず、女性にも現れる病気です。

 

 

左脇腹に痛みが現れる病気で男性特有のものはありません。

 

 

 

左脇腹が痛む原因は様々ですが、どの病気も早めに医師に相談することが大切になります。

 

 

特に内臓関係は命に関わることもありますので、

症状を放置せず早めに病院で受診しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活 病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: