手の甲がしびれる!原因は?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

手の甲がしびれる!原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 8分

 

a0002_005785

 

ある日突然手の甲がしびれてしまうことがあります。

 

 

 

ぶつけたりしていないにも関わらず手の甲にしびれが現れると「病気では?」と心配になりますよね。

 

 

 

一過性のしびれであればそれほど心配する必要はありませんが、

継続的に手の甲にしびれが現れる場合は病気などが原因となっていることもありますので注意が必要です。

 

 

 

今回は手の甲がしびれてしまう原因と何科で受診すればいいのか解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

手の甲がしびれてしまう原因は?

 


 

 

 

 

手の甲がしびれる原因は以下のものが考えられます。

 

 

・肘部管症候群

 

・自律神経失調症

 

・ガングリオン

 

・橈骨神経麻痺

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

肘部管症候群

 

 

 

 

肘部管症候群は肘にある肘部管と呼ばれるトンネルのような場所が、

圧迫や積み重なる負担などにより神経障害を引き起こす疾患です。

 

 

初期段階では小指のしびれなどを引き起こし

症状が進行してくると手の筋肉が痩せてきたり、変形が生じてきます。

 

 

手の甲にもしびれが現れることがありますが、その場合は小指側の甲がしびれます。

 

 

 

原因はスポーツやガングリオン、骨折や加齢に伴う肘の変形などが考えられます。

 

 

 

肘の内側を軽くたたくと小指付近がしびれるので

判断は比較的容易です。

 

 

 

初期では保存療法で改善することもありますが、

症状が進行してしまい手指の筋肉が痩せてきた場合などは、手術が必要になることもあります。

 

 

小指付近にしびれが表れ、肘の内側をたたくとしびれを伴うようであれば肘部管症候群を疑い、整形外科で受診しましょう。

 

 

 

自律神経失調症

 

 

 

自律神経は心臓や汗など自分ではコントロールをすることができない自動的に働く神経です。

 

 

 

自律神経失調症はこの神経がストレスや不規則な生活によりうまく働かなくなることで起こる、体の不調の総称を言います。

 

 

病院で受診しても内臓や体に病変があるわけではありませんので、

「異常なし」と言われてしまうことも少なくありません。

 

 

自律神経失調症の症状は多岐に渡り、

喉の渇きや体のしびれ、腹痛、頭痛、口の渇きなどがありますが

これらの症状はほんの一部にしか過ぎません

 

 

この他にも実に様々な症状が現れるのです。

 

 

 

手の甲にしびれが表れ、そのほかに様々な症状が併発する場合は自律神経失調症を疑いがあります。

 

 

まずは内科を受診し、症状が改善しない場合は心療内科などで受診するといいでしょう。

 

 

 

ガングリオン

 

 

 

ガングリオンは関節などにゼリー状の塊ができてい、しこりのようなこぶを形成する病気です。

 

 

 

ガングリオン自体は良性の腫瘍なのでしびれや痛みの原因となることはありませんが、

神経や血管近くにできてしまうとしびれや痛みを伴うことがあります。

 

 

 

手首にガングリオンができてしまった場合、手の甲にしびれが現れることがあります。

 

 

 

ガングリオンの症状は関節にできる痛みのないしこりなので、

手首のしこりに続き、手の甲にしびれが現れるようであればガングリオンを疑いましょう。

 

 

 

ガングリオンは整形外科で受診します。

 

 

 

橈骨神経麻痺

 

 

 

橈骨神経は腕を走る大きな神経で、

 

 

橈骨神経麻痺は腕を走っている神経が何らかの形で圧迫されることで発症します。

 

 

 

症状は手指や手首が伸ばしにくい、

しびれや感覚の鈍さが親指と人差し指の間に起こります

 

 

ですので、手の甲にしびれが起こる場合は、

指側に症状が現れます。

 

 

腕枕をしたり、ベンチに座るときなどに腕を後ろにかけるような体勢になることで、

腕の神経が圧迫されて引き起こるケースが多いです。

 

 

初期の段階で治療を行うことで早めに治癒に向かうことができますので、

手の甲の親指側にしびれが表れ、手指や手首が伸ばしにくいといった症状が現れたら橈骨神経麻痺を疑い整形外科で受診しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

 

 

手の甲にしびれが現れる原因と何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

手の甲がしびれても一時的なものであれば気にする必要はありません。

 

 

ただ継続的にしびれを引き起こす場合や、

痛みなどそのほかの症状を併発する場合は何かしらの病気を疑った方がいいでしょう。

 

 

 

何科で受診すればいいのか迷った時はまずは整形外科で受診するといいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活 病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: