手首にしこりが!原因は?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

手首にしこりが!痛くないが原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 7分

 

a1130_000322

 

ある日、手首のしこりに気が付くことがあります。

 

 

手首のしこりは目で見える部分なので、気になってしまいますよね。

 

ただ、手首にしこりができてしまったとしても、

重大な病気のサインということはほとんどありません。

 

 

今回は手首にできるしこりができてしまったときに考えられる原因と、

何科で受診すればいいのか解説していきますので是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

手首にしこりができる原因は?

 


 

 

手首にしこりができてしまう原因は以下のものが考えられます。

 

 

・ガングリオン

 

・脂肪腫

 

・骨肉腫

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

ガングリオン

 

 

 

手首に痛くないしこりができてしまった場合、まずはガングリオンを疑いましょう

 

 

ガングリオンはゼリーのような液体が皮膚の下に溜まり、

しこりのような症状が現れる病気です。

 

 

多くは手首や指の関節付近に発生しますが、

手以外の関節や腱、膝に発生することもあります。

 

 

家事などを行い手首を多く動かす女性に多く見られますが、

小児を含めあらゆる年齢の患者さんに発生します

 

 原因は?

 

 

ガングリオンははっきりした原因がわかっていません。

 

 

関節のそばにできたガングリオンは、関節液や、腱と腱鞘の潤滑油である滑液が袋状の組織に送られて、

濃縮・蓄積してゼリー状にたまってくることで発生するとの説がありますが、定かではありません。

 

 

手首を使うことの多い中年女性に多いということを考えると、

手首の使い過ぎもガングリオンの原因の一つとして考えられるかもしれません。

 

 

 ガングリオンの症状

 

 

ガングリオンは痛くないしこりとして意識されますが、

神経の近くあるいは血管の近くにできた場合、痛みやむくみ、しびれを感じることがあります。

 

 

 

 

大きさとしては米粒大から、大きいものではピンポン玉まで大きくなり、

しこりは硬いものから柔らかいものまでその手触りも様々です。

 

 

 

 

ガングリオンが小さく痛みのないものであれば、

経過観察で済むこともありますが、痛みを伴ったり大きいものは注射器でガングリオンの内容物を吸い出します。

 

 

内容物を吸い出しても再発してしまうこともありますが、

何回か吸引を繰り返しているうちに治ってしまうこともあります。

 

 

再発を繰り返すようであれば、

手術で茎を取り除く必要があります。

 

手首に痛みのないしこりが現れたらガングリオンを疑い、整形外科で受診しましょう。

 

 

 

脂肪腫

 

 

 

 

脂肪腫は皮膚の下に脂肪細胞が増殖し、しこりを形成したものです。

 

 

体のどの部分にでも発生しますが、

特に背中や頸部、太ももに多く見られます。

 

手首付近に発生することがありますが稀です。

 

 

症状としては痛みのないしこりで

大きさは米粒大のものからピンポン玉程度です。

 

 

 

しこりに痛みがなく小さなものは経過観察で済みますが、

大きいもの、痛みを伴うものは手術で取り除きます。

 

 

脂肪腫はガングリオンと同様に整形外科で受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

肉腫

 

 

肉腫は全身の骨や軟部(筋肉、脂肪、神経など)に発生した悪性腫瘍です。

 

 

肉腫自体は骨肉腫や脂肪肉腫、平滑筋肉腫などこの他にも様々な肉腫が存在します。

 

 

手首にも肉腫ができてしまうことがあり、

その場合は痛みのないしこりが発生し、急速に肥大化していきます。

 

 

ただ、肉腫は稀な病気で、

手首にできるとなるとさらに珍しいです。

 

 

手首に痛みのないしこりが発生し、急激に大きくなるようであれば肉腫を疑い、まずは整形外科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

手首にできたしこりはガングリオンである可能性が高いです。

 

 

ただ、ガングリオンは早急な治療が必要な病気ではありませんので、

それほど心配する必要はありません。

 

 

しかし、痛みを伴う場合や急激に大きくなった場合は医師に診断してもらった方がいいでしょう。

 

 

まずは整形外科へ行き手首のしこりを診てもらってください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: