腕がしびれてだるい!原因は?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

腕がしびれてだるい!原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 8分

 

a1640_000390

 

腕がしびれてだるいことがあります。

 

 

腕がしびれることは日常生活においてもよくありますが、

それは手を曲げたりすることで、一時的に血流が悪くなったことに起因する場合がほとんどです。

 

 

 

ただ、日常生活において突然腕がしびれてしまう場合は、

病気が原因となっていることもありますので要注意です。

 

 

今回は腕がしびれてだるい原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

是非参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

腕がしびれる原因は?

 


 

 

 

 

 

 

腕がしびれてだるい原因は以下のものが考えられます。

 

 

・胸郭出口症候群

 

・閉塞性動脈硬化症

 

 

それぞれ解説していきます

 

背中がしびれる原因は?何科で受診すればいいの?

 

 

胸郭出口症候群

 

 

 

腕がしびれてだるくなってしまう原因の多くは、この胸郭出口症候群にあります。

 

 

 

胸郭出口症候群は首の付け根にある胸郭出口がいかり肩や、なで肩などの原因により、

様々な障害が起きてしまう病気です。

 

 

胸郭出口を形成している骨や筋肉は様々ですが、

この間をすり抜けるように神経や動脈が走っています。

 

 

この神経がなで肩により引っ張られたり、

いかり肩により神経が圧迫されることにより胸郭出口症候群を発症してしまいます。

 

 

症状としては腕のしびれやだるさ、冷感などで

症状が酷くなると肩甲骨や肩にうずくような痛みが現れます。

 

 

特に肩をあげて後ろに反らすような運動や、

首を反対向きに曲げ後ろに反らすような体勢をとった時に症状が強く現れます。

 

 

一般的には神経が圧迫されるとしびれなどの症状が現れ、

血管が圧迫されるとだるさや腕が蒼白になるといった症状が現れます。

 

 

 

治療は症状を悪化させる動作を禁止し、

消炎鎮痛薬を内服しますが、

重症患者に関しては手術を行うことがあります。

 

 

腕にしびれやだるさがあり、

特定の動作をすることで痛みなどの症状が酷くなる場合は胸郭出口症候群の可能性がありますので、

整形外科で受診しましょう。

 

 

 

閉塞性動脈硬化症

 

 

 

閉塞性動脈硬化は動脈硬化により腕や足の血管が詰まり

様々な循環障害が起きる病気です。

 

 

主に下肢に起こることが多いのですが、

腕が動脈硬化を起こしてしまうこともあります。

 

 

 

初期症状として腕のだるさやしびれ、冷感などが現れ、

症状が進行していくにつれ、じっとしていても腕に痛みが走る、安静時疼痛などの症状が現れます。

 

 

さらに症状が進行すると、

血行の悪い場所から皮膚が壊死し、潰瘍ができてしまうことがあります。

 

 

ですので、腕にしびれやだるさを感じたら早めに医師に相談しましょう。

 

 

腕にしびれや冷感を感じたのであれば閉塞性動脈硬化症の可能性がありますので、

循環器内科、血管外科を受診しましょう。

 

 

だるさはないが腕がしびれてしまう原因は?

 

 

 

腕にだるさがないけどしびれてしまう原因は様々です。

 

 

しびれを起こしているということは、

神経が何らかの形で圧迫もしくは損傷しているということが考えられます。

 

 

 

肩こりも腕がしびれてしまう原因となることがあります。

 

 

肩や首の筋肉が硬直することにより血管や神経が圧迫された結果、

腕にしびれを感じたり腕が重く感じるようになってしまうのです。

 

 

また、腕のしびれの原因として多いのが椎間板ヘルニアです。

 

 

椎間板ヘルニアは、首の背骨と背骨の間にあるクッションのようなもの盛り上がったり、

さらに線維が切れ、中のゼリーのようなものが飛び出ているような状態です。
しびれが出ている場合は、その盛り上がりやゼリーのようなものが神経を圧迫しています。

 

 

夕方よりも朝にしびれが強く現れることが多いです。

 

 

 

首に痛みがあり、

なおかつ朝方もしくは首を傾げたときに腕のしびれが増すようであれば、

椎間板ヘルニアの可能性がありますので、整形外科で受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

何科で受診すればいいの?

 

 

 

腕がだるくてしびれてしまう原因は胸郭出口症候群や閉塞性動脈硬化症などが考えられます。

 

 

胸郭出口症候群は整形外科で、

閉塞性動脈硬化症に関しては血管外科、循環器内科で受診しましょう。

 

 

ただ、腕がしびれてしまう原因を自分で判断することは難しいと思いますので、

何科で受診すればいいのかわからない場合は、まずは整形外科で受診することをおすすめします。

 

 

腕がしびれてだるいということは何かしらの病気を患っている可能性が高いので、

症状を放置せず、早めに医師に相談しましょう。

 

 

症状が酷くなってしまうと治療に時間がかかってしまったり、

手術しなければいけないほど悪化してしまう可能性があります。

 

 

スポンサーリンク

 

生活 病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: