舌がしびれる原因は病気?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

舌がしびれる原因は病気?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 9分

 

a0002_009282

 

舌がしびれてしまうことがあります。

 

 

日常生活において急に舌がしびれてしまうと

「何かの病気では」と心配になってしまいますよね。

 

 

実際に病気が原因で舌がしびれてしまうことがありますので、安易な考えは禁物です。

 

 

舌のしびれが数日続く場合は早めに医師に相談しましょう。

 

 

今回は舌がしびれてしまう原因と何科で受診すればいいのか解説して行きますので、

是非参考にしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

舌がしびれる病気

 


 

 

 

 

舌がしびれる病気は以下のものが考えられます。

 

 

・顔面神経麻痺

 

・舌痛症

 

・脳梗塞

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

顔面神経麻痺

 

 

顔面神経麻痺により舌がしびれてしまうことがあります。

 

 

 

顔面神経麻痺は顔面筋肉を支配している神経が異常を起こしてしまう病気です。

 

 

原因疾患として多いのがヘルペスウイルスの感染で、

以前、口唇ヘルペスにかかったことのある方が、突然顔面麻痺という形で症状が現れてしまうことがあります。

 

 

顔には様々な神経がありますが、

顔面神経は顔の筋肉を動かす大事な神経です。

 

 

この神経は脳から出た神経が耳の骨を通り、

顔面へ通じているわけですが、何らかの原因でこの神経が圧迫されたり障害を受けたりすることで

顔の左右どちらかに顔面神経麻痺を発症してしまうのです

 

 

症状としては顔の半分が動かなくなり、

目を閉じることが困難になる、口角の低下、水が口からこぼれるなどの症状を引き起こします。

 

 

また、舌にしびれを感じることもあるようです。

 

 

顔面麻痺は治療が遅れてしまうと治癒までの時間がかかってしまいますので、

早めに病院で受診する必要があります。

 

 

舌のしびれに加え、顔の半分が動かないなどの症状が現れたら顔面神経麻痺の可能性がありますので、

耳鼻咽喉科で受診しましょう。

 

 

 

舌痛症

 

 

 

舌通症は舌がヒリヒリしたり、ピリピリとした痛みやしびれを伴う病気です。

 

 

舌痛症を発症しても、

見た目には変化が現れない為、周りには理解されにくく、

病院へ行っても異常がないと言われるケースも多いようで、

病院を何件も受診しなければならないということもあるようです。

 

 

 

舌痛症の症状としては

 

 

 

・ピリピリとした痛み、しびれが続く

 

・痛みのある部分に炎症や腫れなどの症状が見られない

 

・血液検査でも異常が見当たらない

 

・痛む場所が変わる

 

・食事時や何かに集中している時には症状が見られない

 

・夕方以降に症状が悪化しやすい

 

 

などです。

 

 

 

このように舌痛症は一見すると腫れなどの症状が見受けられず、

検査でも異常が見られないことから、病院へ行っても「異常なし」と判断されることも少なくありません。

 

 

 

ですので、舌がしびれるなど舌痛症の症状が現れたら、

まずは歯科医で受診し、しっかり検査を受けてください。

 

 

 

 

脳梗塞

 

 

 

舌がしびれてしまう病気で一番怖いのが脳梗塞です。

 

 

 

脳梗塞は脳の血管が詰まったりすることで、

脳へ十分な酸素や栄養が行きわたらず、脳細胞の一部が壊死した状態を指します。

 

 

 

脳梗塞の原因は生活習慣に起因しているケースが多く、

高血圧や糖尿病、肥満、大量飲酒、喫煙、ストレスなどいずれも生活習慣が関係したものです。

 

 

ですので、普段から規則正しい生活、バランスのとれた食生活を心がけることが、

脳梗塞を予防するうえで非常に大切ことになってくるのです。

 

 

 

脳梗塞の症状としては、

 

 

 

・意識障害

 

・片麻痺

 

・手足、顔面の麻痺

 

・言語障害

 

・失語症

 

 

など様々な症状が現れ、時には舌のしびれをと伴うこともあります

 

 

 

脳梗塞は少しでも早く病院で治療を行う必要があることは言うまでもありません。

 

 

舌にしびれが現れ、なおかつ片麻痺、失語症、言語障害、感覚麻痺などの症状が併発した場合は、

脳梗塞の可能性がありますので脳神経外科、神経内科で受診してください。

 

 

近くになければ内科もしくは外科で受診してもいいでしょう。

 

 

 

何科で受診すればいいの?

 

 

舌がピリピリとした痛みやしびれを感じ、

舌に腫れや炎症などの痛みが見られない場合は舌痛症の可能性がありますので、歯科医で受診してください。

 

 

 

舌のしびれの他に口角が下がったり、片目が閉じないなどの症状が現れたら顔面神経麻痺の可能性がありますので、

耳鼻咽喉科で受診しましょう。

 

 

片麻痺の症状が現れ、

言語障害や失語症などの症状が現れたら脳梗塞の可能性を疑い、

脳神経外科、もしくは外科・内科で受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

最後に

 

 

舌がしびれる原因と何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

舌がしびれる病気はいくつか考えられますが、

いずれの病気も早めに医師に相談することが大切になります。

 

 

 

特に脳梗塞に関しては一刻も早く治療を受ける必要があります。

 

 

舌にしびれなどの症状が現れたら、「いずれ治るだろう」という安易な考えは捨て早めに病院で受診しましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

生活 病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: