足の中指・人差し指がしびれる!原因は?何科で受診すればいいの?

ちょっといい日

足の中指・人差し指がしびれる!原因は?何科で受診すればいいの?

読了までの目安時間:約 10分

 

a0001_006375

 

足の中指・人差し指が痛むことがあります。

 

 

スポーツを行っている方に多く見られる症状ですが、

日常生活に中で急激に痛むこともあります。

 

 

中には病気が原因でしびれが起きている可能性もありますので、

安易な考えは禁物です。

 

 

今回は足の中指・人差し指がしびれる原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので、

是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

足の中指・人差し指がしびれる原因は?

 


 

 

 

足の中指・人差し指がしびれる原因は以下の病気が考えられます。

 

 

 

・糖尿病

 

・モートン病

 

・自律神経失調症

 

・坐骨神経痛

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

糖尿病

 

 

糖尿病を発症することにより足の中指・人差し指にしびれが起きることがあります。

 

 

糖尿病の典型的な症状は喉の渇きや排尿の増加です。

 

 

糖尿病を発症してしまうと糖をエネルギーに変えるインスリンが出なくなるため、

糖が体内に溜まっていきます。

 

 

 

血糖値が上昇してしまうと脳が脱水症状と判断し、

水分をとり血糖値を下げるように命令します。

 

 

このため、多飲や多尿などの症状を引き起こしてしまいます。

 

この他だるさや空腹感、体重減少、体力低下などの症状が現れますが、

糖尿病の恐ろしいところは、自覚症状がないまま重大な合併症を引き起こしてしまうということです。

 

 

そして、合併症の一つに糖尿神経障害という症状があります。

 

 

これは手足の末端神経がしびれを起こす合併症で、

足の中指や人差し指をはじめとする手足の指先にピリピリ、ジンジンとしたしびれが現れます。

 

 

症状が進行してしまうと感覚が鈍くなるため、

ケガをしても気が付かないことがあり、最悪足の細胞が壊死してしまうこともあります。

 

 

足の中指・人差し指がしびれ、

糖尿病の典型的な症状が現れたら早めに医師に相談しましょう。

 

まずは内科で受診してください。

 

 

 

モートン病

 

 

モートン病は主に中指と人差し指の間にしびれを感じる病気ですが、

薬指と中指の間にしびれを感じてしまうこともあります。

 

 

人により痛みの感じ方は様々で、

ピリピリとした軽い痛みを感じる方もいれば、

電気が走ったような鋭い痺れを感じる方もいるようです。

 

 

主に中年女性に多く発症し、モートン病を発症する9割が女性と言われています。

 

 

モートン病のはっきりとした原因はわかっていないのが現状ですが、

傾向としてはサイズの合っていない靴を履いたり、偏平足や外反母趾の方に多く見られます。

 

 

足の中指もしくは人差し指の付け根に痺れを感じたら、モートン病を疑い整形外科で受診しましょう。

 

 

自律神経失調症

 

 

自律神経失調症はよく使われる病名ですが、

疾患概念や診断基準があるわけではありません。

 

 

自律神経失調症は不規則な生活やストレスなどにより、

身体を働かせる自律神経が乱れることで身体に起こる様々な症状のことを指しています。

 

 

 

内臓や器官の病変によるものではないので、

病院で受診しても「異常なし」と言われてしまうケースも多いのが特徴です。

 

 

 

 

 

症状としては、

体の一部が痛くなる、手足のしびれ、頭痛、吐き気、めまい、口の渇きなど実に様々ですが、

これらは自律神経失調症の症状の一部にしか過ぎません

 

 

この他にも実に様々な症状が現れます。

 

 

しびれも自律神経失調症の症状として現れることがあります。

 

足の指や太もも、ふくらはぎなど様々な部位にしびれが現れますが、

人差し指や中指にしびれの症状が現れることもあります。

 

 

特に思い当たる原因がなく、

整形外科で受診しても骨や関節に異常がない場合は自律神経失調症を疑った方がいいかもしれません。

 

 

自律神経失調症の疑いがある場合は、

心療内科もしくは精神科で受診するといいでしょう

 

 

 

坐骨神経痛

 

 

坐骨神経痛は腰から足に伸びている坐骨神経が何らかの原因で圧迫、刺激され、

腰や足にしびれなどの症状が現れる疾患です。

 

 

 

多くは腰痛に続き、太ももやふくらはぎ、足の先などにしびれの症状が現れます。

 

 

原因として、若い方は頸椎椎間板ヘルニアが原因となることが多く、

中高年の方は腰部脊柱管狭窄を原因として発症するケースが多いです。

 

 

しびれの感じ方は人それぞれで、鋭い痛みやしびれを感じることもあれば、

軽いしびれで済むケースもあります。

 

 

中指や人差し指にのみ、症状が現れることはありませんが、

足の甲や先端にしびれを感じることもあります。

 

 

腰の痛みが現れた後に、足のしびれや痛みが現れた場合、

坐骨神経痛を発症している可能性がありますので、整形外科で受診してください

 

 

足根管症候群

 

 

足根管症候群は手でいう手根管症候群の症状に似ており、

足にあるトンネルの中を通る神経が圧迫されて起きる疾患です。

 

 

足根管部分でも圧迫される部位によりしびれる範囲は異なります。

 

 

 

足の人差し指や中指がしびれる場合は、

内側足底神経が圧迫されている可能性があります。

 

 

この疾患の特徴は足の裏がしびれることで、

足の甲など上にしびれが現れたらほかの病気です

 

 

足根管症候群を発症してしまう原因は様々なので、

しびれが現れたらまずは整形外科で受診し、原因を突き止めることが大切になります。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

足の人差し指、中指にしびれが現れる原因を解説してきました。

 

 

しびれを伴う原因は様々ですが、

糖尿病などが原因となっている場合、皮膚細胞が壊死してしまうことがありますので、

早めに医師に相談してください。

 

 

足のしびれだけではなく、

喉の渇きや多飲など、糖尿病の典型的な症状が現れたら早めに担当の医師もしくは内科で受診しましょう。

 

 

足のしびれや痛みなどの症状が現れた場合は、

神経が圧迫されている可能性がありますので、整形外科で受診してください。

 

スポンサーリンク

 

病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: