喉がズキズキと痛い!治らない場合は病気の可能性も!

ちょっといい日

喉がズキズキと痛い!治らない場合は病気の可能性も!

読了までの目安時間:約 9分

 

a0002_007507

 

喉がズキズキと痛むことがあります。

 

 

風邪の引き始めに喉が痛むことがありますが、

突然ズキズキと痛み始めると「何か病気では?」と心配になってしまいますよね。

 

 

また、なかなか治らない場合は、何らかの疾患を患っている可能性がありますので、

早めに医師に相談したほうがいいでしょう。

 

 

 

今回は喉がズキズキと痛む原因と何科で受診すればいいのか解説していきますので是非参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

喉がズキズキと痛む原因は?

 


 

 

 

喉がズキズキと痛む原因は以下のものが考えられます。

 

 

 

・咽頭炎

 

・急性扁桃炎

 

・扁桃悪性リンパ腫

 

・咽後膿瘍

 

 

 

それぞれ解説していきます。

 

 

 

 

咽頭炎

 

 

咽頭は喉の奥にある場所で、この部分には扁桃腺や口蓋垂などが存在します。

 

 

咽頭炎はこれらの場所に炎症を起こしてしまう病気ですが、

扁桃に強い症状が現れた場合は扁桃炎という別の病名で呼びます。

 

 

 

ひと口に咽頭炎と言っても急性咽頭炎や慢性咽頭炎、特殊咽頭感染症など様々ですが、

ここでは急性咽頭炎について解説していきます。

 

 

急性咽頭炎はアデノウイルスやコクサッキ―ウイルス、溶連菌などが原因となることが多く、

これらの細菌やウイルスに感染すると急な喉の痛みが現れ、その他に倦怠感や発熱、頭痛などの症状が併発してしまうことがあります。

 

 

 

人によっては喉がズキズキと感じることもあります。

 

 

多くの場合、咽頭は赤く腫れ、痛みを伴いますので咽頭炎の診断は比較的容易です。

 

 

 

痛みの程度がそれほどでもない場合は、うがいなどをこまめに行い様子を見てもいいですが、

痛みがズキズキと酷い場合は扁桃周囲膿瘍など処置が必要な病気を患っている可能性がありますので、

早めに医師に相談しましょう。

 

 

 

急性扁桃炎

 

 

 

扁桃は口を大きく開け、のどちんこの両サイドに位置する器官です。

 

 

この器官はリンパ節の集合体であり、

細菌やウイルスの侵入を防ぐための器官ですが、

ストレスや病気などで体の免疫機能が低下してしまうと、扁桃についた病原菌が増殖し炎症を起こしてしまします。

 

 

これが急性扁桃炎で、炎症を起こしてしまうと扁桃だけではなく、

倦怠感や発熱、扁桃周りに白い膿など様々な症状が現れます。

 

 

酷くなると食べ物を飲み込めなくなるほど喉が痛くなります。

 

 

 

また、急性扁桃炎が年に何回も発症してしまうと、合併症を引き起こしてしまう可能性もあるため、

摘出手術が必要になるケースもあります。

 

 

 

喉がズキズキと痛くなり、

扁桃周りが白くなってきたり、腫れてきた場合は扁桃炎を疑い内科もしくは耳鼻咽喉科で受診しましょう。

 

 

 

 

扁桃悪性リンパ腫

 

 

 

扁桃悪性リンパ腫は名の通り、扁桃に悪性リンパ腫ができてしまう病気です。

 

 

 

扁桃悪性リンパ腫自体はそれほど強い痛みを感じることはなく、

扁桃の腫れや異物感、咽頭痛などの症状が現れます。

 

 

 

症状に気が付かずに周囲に広がってしまうと嚥下痛や耳への痛みが現れることもあり、

頸部のリンパに転移してしまうこともあります。

 

 

その場合は痛みがなく、頸部のリンパが腫れあがります。

 

 

その他、寝汗や発熱、体重減少などの症状が現れることもあります。

 

 

悪性リンパ腫は早めに治療を行うことが大切になりますので、

喉にズキズキとした痛みを感じ、鼻閉や扁桃の腫れ、異物感を認める場合、まずは耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

 

 

咽後膿瘍

 

 

 

咽後膿瘍は喉の奥にあるリンパに膿が溜まる病気です。

 

 

 

喉の奥にあるリンパは小児期を過ぎると消えてしまう為、

子供に多く見られる病気ですが、成人の方や高齢の方が発症してしまうケースもあります。

 

 

原因は細菌やウイルスによるものが多いですが、

骨を喉に突き刺してしまうなど、外傷が原因で発症してしまうこともあります。

 

 

 

主な症状は物が飲み込みにくくなる、喉のズキズキとした痛み、嚥下症状、発熱などです。

 

 

これらの症状は成人と小児では多少異なります。

 

 

 

この病気に気が付くことは難しく、

一過性の症状だろうと症状を放置してしまうこともありますが、咽後膿瘍が進んでしまうと危険な状態になることもありますので、

喉にズキズキとした痛みや物の飲み込みにくさを感じた場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

喉がズキズキと痛む原因と何科で受診すればいいのか解説してきました。

 

 

喉の痛みは風邪などの症状で現れることが殆どですが、

腫瘍などに起因してズキズキと痛む場合があります。

 

 

 

ですので、喉の痛みに加え、物が飲み込みにくかったり、異物感を感じた場合は腫瘍の可能性もありますので、早めに医師に相談しましょう。

 

 

何科に行けばいいのか迷った時は、

専門の科である耳鼻咽喉科で受診しましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

風邪   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: