わかめの栄養効能は?食べ過ぎても大丈夫なの?

ちょっといい日

わかめの栄養効能は?食べ過ぎても大丈夫なの?

読了までの目安時間:約 7分

 

a0002_011914

 

健康食品として知られているわかめ。

 

 

みそ汁やサラダなど様々な料理に使用され、

今や日本の食卓には欠かすことのできない食材ですよね。

 

 

栄養面でもミネラルやビタミンを豊富に含んでおり、健康にいい食品であることでも有名です。

 

 

ただ、健康にいいといって食べ過ぎてしまうと、

体に悪影響を与えてしまうことがありますので、過度な食べ過ぎは禁物です。

 

 

今回はわかめの栄養効能と食べ過ぎてしまうことで体にどのような悪影響を及ぼすのか解説していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

わかめの食べ過ぎによる体への影響

 


 

 

 

 

 甲状腺の機能障害

 

 

 

わかめにはヨウ素が多く含まれています。

 

 

ヨウ素と言えば体内で甲状腺ホルモンを作る上で必要不可欠な栄養素で、

このホルモンは身体の代謝をはじめ、様々な重要な機能を調整しています。

 

 

ヨウ素は不足しても、過剰に摂取しても甲状腺機能に障害を与えてしまうことがありますので、

適度に摂取することが大切になります。

 

 

ただ、日本人は昔から高ヨウ素を含む海産物を積極的に摂取してきましたので、

ヨウ素不足になることはほとんどありません。

 

 

逆に海産物を食べ過ぎてしまうことで、

ヨウ素の過剰摂取になってしまうと甲状腺の機能が低下してしまうことがあります。

 

 

健康体の方であればヨウ素の摂取量が多少増えても排泄されるので問題ありませんが、

長期に渡り、高ヨウ素の食品を取り続けると甲状腺の機能が低下し、

甲状腺機能低下症、体重減少、筋力低下、発熱、吐き気など様々症状を引き起こしてしまいます。

 

 

ただ、これらの症状はヨウ素の摂取量を調整することで、改善されます。

 

 

一日に摂取量は?

 

 

成人の一日のヨウ素摂取量の目安は0.13mg、上限量は2.2mgです。

 

 

わかめ一食分(10g)には0.19mg含まれていますので、

約一食分で一日の摂取量をクリアできてしまいます。

 

 

また、上限量は2.2mgなので110g以上のわかめを食べてしまうと、食べ過ぎということになってしまいます。

 

 

ヨウ素は海藻物以外に魚などにも豊富に含まれていますので

実際には110g食べてしまうと過度な食べ過ぎということになってしまうのです。

 

 

一日にヨウ素の上限量以上を食べてしまっても問題はありませんが、

長期にわたりわかめを食べ過ぎてしまうと甲状腺の機能低下を引き起こす可能性があります。

 

ですので、一日に10~80g程度(水戻し)を目安に食べるようにしましょう。

 

 

 

 

 

わかめの栄養効能は?

 


 

 

 

 

わかめの食べ過ぎは甲状腺の機能低下につながる可能性がありますが、

適度に食べることにより体に様々な効果をもたらします。

 

 

 

豊富な食物繊維

 

 

わかめには水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。

 

 

わかめはヌルヌルしていますが、

この正体はアルギン酸と呼ばれる水溶性の食物繊維です。

 

 

 

アルギン酸は塩分と結び付きナトリウムを体外に排出する働きがあるほか

血中のコレステロールを減らす働きや腸内細菌のバランスを整え、

便秘改善や美肌効果が期待できます

 

 

また、大腸の働きを活発にし、

体内の毒素を排出する働きがありますので、抗がん作用も期待できます

 

 

頭髪への効能

 

 

わかめといえば髪への効能があると言われていますよね。

 

 

ただ、髪の毛の主成分はたんぱく質であり、

わかめにはたんぱく質がそれほど含まれていませんので、

直接増毛に効果があるとは言えません。

 

 

とはいっても、わかめにはビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれていますので、

髪の毛は増えなくとも、頭皮の状態を改善し、髪の毛を作るいい土壌作りが期待できるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に

 

 

 

わかめを食べ過ぎることによる体への影響などを紹介してきました。

 

 

わかめは体にいい食材であることは間違いないですが、

過度に食べ過ぎてしまうことで甲状腺の機能障害を引き起こしてしまうことがあります。

 

 

一日に多くても100g以下にしましょう。

 

 

ただ、人によってはこの量でも甲状腺に異常が現れてしまう可能性があります。

 

 

体重減少や発熱、下痢、筋肉量低下など体に異変が現れたら、

ヨウ素の摂取を控えるようにしましょう

 

 

 

スポンサーリンク

 

食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: