ピーナッツとアーモンドの違いは?栄養にも違いがあるの?

ちょっといい日

ピーナッツとアーモンドの違いは?栄養にも違いがあるの?

読了までの目安時間:約 9分

 

a0027_000198

 

ピーナッツとアーモンド。

 

 

日常生活でもよく口にしますよね。

 

 

ナッツ類は健康面でも体にいいことから、

進んで食べている方も多くいます。

 

 

一口にナッツといってもその種類は様々で、

ピーナッツやアーモンド、マカダミア、くるみ、カシューナッツなどがあります。

 

 

 

これらは栄養や見た目に違いがありますが、

今回はピーナッツとアーモンドの違いを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ピーナッツとアーモンドの違いは?

 


 

 

 

 

 

ピーナッツとアーモンドは一見すると似ていますが、

その栄養や育ち方には大きな違いがあります。

 

 

 

以下で詳しく解説していきます。

 

 

 

 

ピーナッツとは?

 

 

ピーナッツはマメ亜科ラッカセイ属に属する一年草です。

 

 

a0027_000198

 

 

落花生といったほうがなじみ深いですが

他に南京豆とも呼ばれることもあります。

 

 

厳密にはピーナッツは豆類に分類されますが、

ナッツとしても非常に人気の高い食べ物です。

 

 

 

現在のピーナッツは7割が千葉県産であり、茹でたり炒ったりして食べるのが一般的です。

 

 

 

ピーナッツは栄養価や効能も多く、

疲労回復や老化防止、生活習慣病予防、血流改善、便秘改善など実に様々です。

 

 

 

栄養価の高いピーナッツですがカロリーが高いため、

食べ過ぎてしまうと逆効果になることもありますので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

一日に10~20個を目安に食べるようにしてください。

 

 

 

アーモンド

 

 

 

アーモンドはバラ科サクラ属の落葉高木です。

 

 

この木から採られた実がアーモンドとなります。

 

 

a0960_007307

 

アーモンドの花

 

 

a0002_012067

 

 

 

アーモンドの花は3-4月頃に開花し、

地域にもよりますが7月頃に実が熟します。

 

 

日本では梅雨の時期と実が熟す時期が重なり、

実が割れた段階で早めに収穫しなければ腐ったり、虫に食われてしまいます。

 

 

アーモンドはピーナッツと同様に栄養や効能が多くあり、美容や健康のために積極的に食する方も多くいます。

 

 

 

 

 

特にビタミンEやミネラル、不飽和脂肪酸などが豊富に含まれていますので、

ダイエットや美肌、アンチエイジングの効果が期待できます。

 

 

 

ある研究でも

アーモンドを定期的に食べる方はダイエットに成功しやすいまたは体重が落ちやすいなどの研究結果がでています。

 

 

ダイエットや美肌を目指す女性にとってはとても心強い食べ物ですよね。

 

 

ただ、食べ過ぎてしまうと逆効果になってしまう場合もありますので、

一日に25粒程度を目安に食べるといいでしょう。

 

 

 

ピーナッツとアーモンドの違い

 

 

 

 

ピーナッツとアーモンド。

 

 

見た目に関してはかなりの違いがありますが、

栄養面でどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

 

ピーナッツの栄養「100gあたり」

 

 

 

・エネルギー 585キロカロリー

 

・たんぱく質 26.5g

 

・脂質 49.4g

 

・炭水化物 19.4g

 

・ビタミンE 18.3mg

 

・食物繊維 7.2g

 

 

 

 

アーモンド(100gあたり)

 

 

 

 

・エネルギー 606キロカロリー

 

・たんぱく質 19g

 

・脂質 54g

 

・炭水化物 22g

 

・ビタミンE 33mg

 

・食物繊維 10.4g

 

 

 

アーモンド、ピーナッツともにカロリーや脂質が高いです。

 

 

 

ですので食べ過ぎは肥満の原因となってしまう場合もありますので注意しましょう。

 

 

先ほど解説したようにピーナッツであれば20粒、アーモンドであれば25粒程度を一日の目安として食べるようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

ピーナッツとアーモンドの違いを解説してきました。

 

 

 

ピーナッツは豆、アーモンドは木の実なので、

厳密にはピーナッツはナッツではありませんが、現在ではナッツ類にはなくてはならない存在です。

 

 

アーモンド、ピーナッツともに栄養価が高く、

様々な効能が期待できます。

 

 

ただし、カロリーや脂質が高いので食べ過ぎには要注意です。

 

 

おつまみや美容の手助けとなるアーモンドとピーナッツ。

 

 

皆さんも手軽に食べてみてはいかがですか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

食べ物   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: